*

「グリーフケア~はじめの一歩」 一覧

2019年3月30日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフケアの入門編、 範囲が広いことですが全体の概要を学べる内容です。 いつもお伝えしておりますが、 ivyでは○○向けと限定はあまりしません。   それは区分けをす...

続きを見る

誰かのサンタでいよう。

トナカイのソリはなくっても、 誰かのサンタになることは出来る。 私にそれを教えてくれるのは、 病床でクリスマスを過ごす人々でした。     サンタクロー...

続きを見る

2018年12月 はじめの一歩 ご感想

いらした方が「本読みました。」と、 喪失とともに生きる―対話する死生学 のことを知ってくださっていると嬉しいですね。   嬉しくて話し過ぎて、 時間が足りなかったのは反省で...

続きを見る

いのちのサイン

人にはあるサインがあります。 私が言葉で伝えるとしたら、 “いのちに触れる”という感覚です。   “いのち”という言葉を先ず共有しておきます。   生命...

続きを見る

世界が拡がるには。

人は大抵自分の認知で物事を捉えています。 それが間違っているでも、 ダメでもないのです。 が、それにより生きづらいとか、 必要以上に苦しいなら・・ 捉え方に気付くといいなと思います。 ...

続きを見る

輪を大きく。

人間の成長過程なのか、 割合に自分の力を小さく見積もっているもんです。 かと思うとプライドはあるんで、 そこも厄介なもんです。   本当はプライドを厄介にしているのは、...

続きを見る

2018年12月シリーズ 死生観 ご感想

2018年のシリーズセミナーも最終回、 やり始めるとあっという間なんですよね。 シリーズセミナーは、 はじめの一歩の続きとなる連続講座です。   グリーフ・喪失とは ...

続きを見る

哀しむということ。

最近発見したことは、 人が言う“哀しみを感じる”が違うらしいこと。   どうやら我慢したり、 発想を変えることに時間を使うことを、 哀しんでいると思っているみたいなのね。 ...

続きを見る

心の満足ってどんなですか?

人生の満足ってあまり語られてない、 ような気がするんです。 後悔しないように、 みたいな怖れを喚起するようなものはあるんだけど。   何があったら満足ですか? で...

続きを見る

曖昧さと揺らぎという味方

生きることに安心や確実さを求めながら、 私達は思うより多くの不確実の中にいます。 未来への不安など、 その最たるものです。   だって未来が分かる人なんて、 滅多にい...

続きを見る

no image
どこまでが全てか。

大切な人やモノをなくして・・ 全てを失ったように感じてしまうこともあ...

語るから生まれる。

私達の人生は、 言葉から成り立っているという面があります。 自...

生みだす物語にて。

人は語ることで物語を紡ぎます。 御伽話のようなものではなく、自分の物...

ずっと続くいのちから。

今ここに自分があるということは、 いのちを受け取ったということです。...

情熱の裏側に。

情熱というと特別枠みたいになりますね。 実は、毎日情熱なのです。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑