本 | グリーフケアとはなんでしょう

*

喪失とともに生きる―対話する死生学

死別に限らず、人生は多くの喪失体験に満ちている
「喪失とともに生きる」現場の第一線で活躍する執筆陣と、
死生学研究者たちとの生きた「対話」


喪失とともに生きる―対話する死生学

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

一隅を照らす、光とは?

一隅を照らすこれすなわち国宝なり 最澄の有名な言葉です。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑