*

喪失とともに生きる―対話する死生学

死別に限らず、人生は多くの喪失体験に満ちている
「喪失とともに生きる」現場の第一線で活躍する執筆陣と、
死生学研究者たちとの生きた「対話」


喪失とともに生きる―対話する死生学

2017年9月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

「今日ここに来て・・ 気が付いたことがあります。」 「誰にも分...

いのちに沁みて。

ときに人前でお話をすることがあります。 その御感想の中で毎回頂く...

検索してみてね。

先日このブログが5年目、 という記事を書きました。 ブログが5...

絆を紡ぎ直す。

HPの方では再構成と表現しています。 ブログでも意味再構成という...

生と死と再生

再生って自己と関係性のこと、 生き返ることではありません。 大...

→もっと見る

PAGE TOP ↑