*

喪失とともに生きる―対話する死生学

死別に限らず、人生は多くの喪失体験に満ちている
「喪失とともに生きる」現場の第一線で活躍する執筆陣と、
死生学研究者たちとの生きた「対話」


喪失とともに生きる―対話する死生学

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感...

時間への意識

時間は誰にも平等といわれます。 確かに1日は24時間、1時間は60分...

繋がりの先

グリーフケアというもの、 これが仕事と捉えられるとき・・ 大事なこ...

未完了の感情

自分の奥を感じてくださいね、 といつもお声掛けをします。 どう...

角度を変えて。

人生の岐路や大きな喪失を迎えたとき、 グリーフという反応を抱えます。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑