*

「グリーフケア~はじめの一歩」 一覧

向こうからは見えている。

「うちはね、太陽とかじゃなくて月なんです。」 「あのこが逝ったとき、月が綺麗で・・ 戒名に月の字が入っていて、 偶然なんだけど月なんだなぁって。」 久しぶりに会ったママさんが、 こん...

続きを見る

囚われの鎖

囚われはしんどいけど、 その鎖にがんがらじめになっているか・・ 眠っている可能性を感じるかは選んでいける。 だから、研ぎ澄ましてみて。   今繋げているのは、どっち? ...

続きを見る

そう、普段から・・

人と関わるときに大事なこと、 そんなことをお伝えするときに感じることがあります。 私は大切な人やものをなくすときに、 人が抱くグリーフというものに関わっています。 人生をともにした人と...

続きを見る

2019年12月1日 グリーフケア~はじめの一歩

2013年からずっと続けてる入門編です。 グリーフを知って欲しいという想いから、 人生における喪失・グリーフについてお伝えします。 今は書籍などいっぱいありますが・・ これほど情報がなかっ...

続きを見る

2019年9月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

2013年から続けているセミナーです。 グリーフ・喪失の基本的なところを、 ダーッと3時間お伝えします。     2019年9月14日 グリーフケア~はじめの...

続きを見る

いずれ何処かへ。

いくつかこんなことを考えるのは、 いのちに触れる事柄があるから。     看取る命と見送るいのち     お見送りや看取り...

続きを見る

ゆくゆくは誰かへ。

いつか、いつかは・・ いずれ、いつの日か・ 今はいつか分からないけど、 自分もお別れする身である。 このことを忘れないでいようと思うのは、 人はそのときを選べないと知っているから。 ...

続きを見る

いつか誰かに・・

人はいつか誰かにお世話になります。 毎日も同じことですが、 元気なうちはそれが案外薄れがちです。 身体や精神が健康だと、 病は自分ごとにしづらいからね。 知らずして自分はお世話側と思っち...

続きを見る

季刊誌 認知症ケア~本の紹介

原稿のお仕事の依頼を頂き、 「利用者の死にショックを受けた職員へのグリーフケア」 というタイトルで掲載して頂きました。     季刊誌 認知症ケア &n...

続きを見る

スタッフのセルフケア

生きる現場のスタッフのセルフケアは課題、 何故ならば現場は目くるめく忙しい。 身体はくたくた・・気持ちは置いてけぼり・・ そんな現実が毎日だからだ。   でも誰にとっても、...

続きを見る

ブログお暇頂きます。

❝お暇❞って使いたかっただけの2019年、 凪ちゃんに、いやゴンさん...

おかげさんで。

おかげさん法話カフェという場で、 お話をする機会を頂きました。 ...

カンボジア再び。

人生には予想しない何かが降ってくることがある。 そう、降ってくる・・...

我と愛に満ち。

我と愛って対極のように思われません? 人のためにってすごいですね、 ...

自分なりの理由

誰もが自分の人生を生きています。 生きるとき大事なのは、 ❝問い❞...

→もっと見る

PAGE TOP ↑