気付く | グリーフケアとはなんでしょう - Part 83

*

「気付く」 一覧

割り切ってるんですねぇ。

久しぶりに言われて、結構打撃。。人の死を割り切れると思う人がいるなんて。 自分がそう言われたことよりも、人の死に対しての言葉と思えず。。 そこが、かなり残念。。くぅ。。   ...

続きを見る

丸くなるな、星になれ。

ビールのCMのコピーです。御存じですか? 大人エレベーター、そして星になれ。 未来のこども達や、今頑張っている若者へのメッセージ☆   現在ivyも、こどもの虐待防止啓発...

続きを見る

人生の小石

道を歩いていて、小石に躓くことが少なくなりました。 アスファルトが多くなったから? それとも、大人になってきたから?   小さい頃は、道を歩いていると思わぬ小石につまづいたり...

続きを見る

がんサバイバー

という言葉は、聴く側が大きく二つに分かれます。 自分もがんを抱えて生きている方で、この言葉を知っている方と   「へぇ、そういう風に言うんだねぇ。初めて聞いた。」 と全く...

続きを見る

グリーフケア シリーズ5回目 

「死生観」てタイトルにしたのですが、 死生学と死生観て何だろう?を混在させました。   昨日書いた人生のフィット感を得るには、 私は死生観を知ることが必要かと思っていて。 ...

続きを見る

人生のフィット感

フィット感てあまり聞かない言葉でしょう。 グリーフケアでは、大切なポイントです。   あなたは、自分の人生にフィット感がありますか?   先日書いた↓ ...

続きを見る

今日は逃避。

また、たまには自分のこと。 落ち込むと本を見るのは、小学校のときから変わっていなくて。   そう言えば、小学生の時から家出は本屋だった。 当時はまだ、立ち読み(特にマンガね)...

続きを見る

小さいいのち

こどもの日を前に思うこと。このところ、こども関連モード。 理解してもらえないグリーフのひとつに、 死産、流産があります。   少し前にも書きましたね。 天使のままへ...

続きを見る

かくれた次元~本の紹介

生物の距離感と、文化へのアプローチの本。 すごい適当な紹介に感じるだろうが、そういう内容。   何年か前に、すごい読みたくて。欲しくて。。 でも、勉強中で節約だったから(笑)...

続きを見る

ゼールゾルゲ(魂のケア)

ケルスティン・ラマーさんにお会いすることができました。 ドイツのゼールゾルゲ(魂のケアと和訳されています) 牧師さんで、病院で患者様の心の苦しみをケアする方です。 そして、ケールゾルゲのスーパー...

続きを見る

2018年9月 MYジャンクション

お知らせをすっかり忘れていた8月で、 反省しながらの記事の更新です。...

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑