*

「気付く」 一覧

空へ放つ狼煙

夏の風物詩といえば、日本では花火があります。 最近は色や形、連発など芸術的なものになりました。 静岡でも大きい花火大会があります。 イメージもお祭りとか、 デートや家族でお出かけのように定...

続きを見る

涙のプログラミング

先日のブログを書きながら、 ふと思ったことがあって。   涙も引き受ける。   もしかしたら・・ 涙だけはひとりで引き受けられないように、 プログラミ...

続きを見る

戦わない誇り

このところ戦う人が揺れてます。 自分の周囲、関わる人に戦いを挑んでいませんか?   それは自分の思う正しさや、 認めて欲しいとか自尊心を主張するものですか? 本当に言い...

続きを見る

喪の作業と再構成

天皇陛下のお気持ち表明というものがありましたね。 このような機会は滅多にないことでしょう。 メインの象徴としてということに関しては、 私が触れることはないのですが。。 お気持ち伝わりましたとお...

続きを見る

出逢いに最大限の感謝を。

人生で出逢う人は数えきれない。 それでも地球上にはたくさんの人がいて、 実際に会える人は限られてくることでしょう。   私は看護師なので、 ❝また明日ね❞そう言って会えなか...

続きを見る

目指すとこより、戻るとこ。

気持ちや人間関係ですれ違いが起こるとき、 大方はほんの少しの掛け違いな気がします。   悪い人探しになってしまったり、 ❝べき❞論で食い違ったりするのですが、 誰も悪い方向...

続きを見る

これまでとこれからの間

以前書いた記事のように、 人は未来の方に期待をかける。   過去も未来も自分。   そのときに大事なものは、 未来に向かう何かのように言われている。 ...

続きを見る

この時間の尊さを。

何気なく過ぎてしまうこの今を、 大事な一瞬だったと知るのはその時間を通り越してから。   何気なく会っていた時間。 交わした視線も、 その声も、はじけるように笑い合...

続きを見る

does it work

“それは何かになる”とか“何かに作用する”という意味かな。   カウンセリングの勉強で習ったこと。 英語としては、疑問文だからちょっと違うかもしれない。 講義をした先生の...

続きを見る

泣くは、喪の作業でもある。

泣くことは、 いつの間にかマイナスと言われるようになったけど。 身体に必要だから備わっている機能でもある。 考えなくても、人は泣く。涙は自然に湧き出てくる。   今日考...

続きを見る

2019年12月1日 インナーチャイルド・ワークショップ

この講座にはinvisible touchという、 愛らしいサブタイ...

切なさの中身

切なさには胸の痛みの切ない故が、 様々な感情と混同されているように思...

しんどいときこそ大事なもの。

人生にはしんどさなんてものも存在します。 しんどいと感じる自分がいる...

メルマガvol.122

ブログの方ではメルマガ連続になっていますが、 遅れ気味の公開にて失礼...

メルマガvol.121

メルマガの公開がどうしても遅れ気味、 ちと反省しつつの記事です。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑