*

「気付く」 一覧

ふんわりと。

ふんわりと、って言葉が今日は浮かんできて。 自分でもどうしてか考えてるところ。   ふんわりって優しい感じ。 人をまるごと包むようなとか、 ふんわり柔らかい雰囲気とか。...

続きを見る

愛情のスペース

愛や感謝は誰しも生まれもっていますね。 ないという人はいないのだと思います。 ときどき、余裕がないと見失うことはあると思うのです。     毎日誰かにあり...

続きを見る

輝く表情のときは。

私が敢えて書くまでもなく、人の笑顔は素敵。 でもグリーフの渦に身動きとれなかった人が、 話した後に❝あー、○○ってこと?❞❝少し楽になりました。❞ って笑った顔はとっても輝いているんだよ。 ...

続きを見る

変容と融合

変容とは変わることながら、 実は私達は常に流れて変わっているはず。 なのに、それを感じられなかったり。 自分を信じられなかったり。。   気持ちがすくんでしまうこともあ...

続きを見る

薔薇色

正直さというのは、尊いものだなと今更ながら思っていて。 嘘とかの話題でなくて、自分に正直ということ。   自分に正直ということは、人にも正直でいられる。 別に全部言わ...

続きを見る

己との対話

己って言葉がかたいかな? 対話と言うと相手が必要。     語ろうとすると、自分の心とも対話する。     最初は気持...

続きを見る

イヤイヤの神様

人にはときどき、 イヤイヤの神様がいて。。 どうにもならない出来ごとに、抵抗したくもなる。   イヤイヤと足掻くのは、 それほど悪いことでもないと想うのだけど。 足掻...

続きを見る

2016.3.11

何にも出来てない、そんな気持ち。 今日の昼間、その時間に道端でひとり黙祷を捧げながら。。 当然ながら周りには、 だれもその時間といって立ち止まる人は見当たらない。 不思議なようで、日常...

続きを見る

行き場の見つからない問い

生きる時間の中で、いのちに向き合う問いがある。 病気、障害、事故、災害、そして死というお別れ。 何故そこに向き合うのが自分なのか、 何故大切な人を奪われるのか。 そのとき自分は何をすべ...

続きを見る

愛は湧いてくるもの。

先日、ある青年に、 「どうしてそんなに人に与えることが出来るのですか?」 と質問された。 かなり美化して頂いていますが。。(笑)   そのときは、“そうしたいから”と答えた...

続きを見る

看取る命と見送るいのち

思えば看護師としての出逢いが、 私の人生では一番多いのです。 職種...

新しい感受性

毎日新しい感受性を育てているのだろう。 そんなふうに思えるようになっ...

Fightの中身

日本語では応援の言葉に使いますが、 元々は戦うという意味ですね。 ...

心の中の住人

最近いい体験をしてまして・・ 看護師のバイト先を冬から変えたのです。...

人生のミカタ

人生のミカタでいたいなと思います。 正確に言うと人生の味方だと大きく...

→もっと見る

PAGE TOP ↑