*

「喪失とともに生きる」 一覧

共同通信社から書評が配信

喪失とともに生きる―対話する死生学 書評サイトでも数人の方から、 ivyのブログでも数人(まだここからの方も)文章を頂いて。。   この本は幸せものだと思います。 ...

続きを見る

「喪失とともに生きる」書評 Y様

またivyに書評が届きました。 某有名サイトにはまだひとつもないのですが・・ ここは皆様が私と分かち合いたいと思ってくださると思っているの。 編集さんには、「サイトにもお願いしてください」 ...

続きを見る

喪失とともに生きる 書評 なーやんさん

本がすき!という本を紹介するサイトがありまして。。 実は私も今回初めて知ったのですが。 そこに喪失とともに生きる―対話する死生学 を読んでくださった方の書評が投稿され始めています。 日...

続きを見る

讀賣新聞に書評が掲載されました。

2016年6月1日 讀賣新聞 3版です。 3版なので、結構遠い地域でも同じかもしれません。 こころという健康のページに掲載されています。   静岡では反応なかったのですがね。。 ...

続きを見る

「喪失とともに生きる」ご感想 M様 その2

読了致しました。 きちんと文章にまとめるにはまだお時間を頂戴することになりますが、 なんと申しますか、読み終えてまずの感想は これからの人生に「新しい地平線が生まれた!」です。 &nb...

続きを見る

「喪失とともに生きる」初ご感想 M様

浅原先生がお考えである、 「ブログを通じての新しいつながりを広げていくこと」 にお役に立てるとしたら、こんなに光栄なことはありません。 個人が特定されない限り、メールのお取り扱いはすべてお任せい...

続きを見る

書評へのリアクションをありがとう。

自分で募集しておいてなんですが。。 思いのほか反応を頂いて、すごく嬉しい限りです。 本当にありがとうございます。 書評を募集します。   アイディアを頂きまして、 募...

続きを見る

書評を募集します。

「喪失とともに生きる~対話する死生学」 の書評を募集しようと思います。 そして、ivyのブログでご紹介出来たらなと。。 喪失とともに生きる―対話する死生学   理由はい...

続きを見る

人生の断捨離

断捨離という言葉が苦手だったんです。 なんか怖いじゃないですか・・ ...

受け取った光を。

どうしてこの仕事をしているのか、 人としての課題でもありますね。 ...

多分にもれず、私も。

人間って何かなぁ、 人ってどんなかなぁと毎日考えながら生きますが・・...

とにも、かくにも自分を大事に。

自分を大事にしていますか?   私は以前は怠ける...

蝶々で通じる想いもある。

私に会ったことがある方は、 気が付かれることもあると思います。 大...

→もっと見る

PAGE TOP ↑