*

「喪失とともに生きる」 一覧

2017年度 静岡大学後期

タイトルを後期と書くか、 静岡大学講義と書くか悩みつつ。 今年も後期が始まりました。 ふぅ、楽しみと私にとっては緊張感も。   このブログから読んだ方に向けて、 何故...

続きを見る

チャーミングと一緒に。

チャーミングって使わなくなりました? 私は好きな表現なんだなぁ。   御自身の好きなところはどこですか?   外見でも、内面でも・・ はたまた趣味に...

続きを見る

公認されないグリーフとは。

社会的に認められない喪失を 「公認されないグリーフ」と呼びます。   社会的に認められないって、 とてもつらいことですよね・・ と書く流れが通常なのかもしれないが、 なん...

続きを見る

君たちはどう生きるか~本の紹介

夏休みのお子様に、 と書こうと思っていたのに夏休み終わる。。 と思いながらの今日取り掛かるのは、 こどもの頃から変わらない。。   と、あるコラムで知った本です。 そのコ...

続きを見る

日曜と月曜日の隙間

日曜日としたのはお休みの日の象徴で、 最近はお休みもこの限りではありませんが。 それでも日曜日の空気ってありますね。   私は月に何度かは東京とかに行きますが、 休日の...

続きを見る

個性の認め方

個性の意味を、私も長らく誤解してきました。 このところ、なんか少しは掴んだ気もしています。   個性って、自分の特徴とか思ってた。 それだけならいいんだけど・・ 人より秀で...

続きを見る

お誕生日ありがとう。

この数年は親しい人のお誕生日には、 ありがとうって伝えます。 おめでとうも勿論ですが・・     本心に近いのは、 生まれてきてくれてありがとう。 ...

続きを見る

息を整える。

いのちの語源は息だと言われている。 日本だけでなく、 息と生きが同じ言葉である言語は世界でも多いらしい。   その辺りの言語に関して詳しくないのだが、 死生学を学んでい...

続きを見る

多方面からのグラデーション

自分を見つめることに触れると、 ひとつの道や正解を探し求める人が多い。 探してもいいけど、次は迷子がつらくなる。 きっと探しているうちは見つからない。   正解があ...

続きを見る

この今の30min.を。

時間の感覚って不思議です。 同じだけの時間が長く感じたり、 あっという間に過ぎ去ったりします。   時間自体は同じなのにね。 以前は感じ方や行動の違いかと思ってまし...

続きを見る

じぶんといのちのシリーズ~講座のお知らせ

新しい講座のお知らせです。 グリーフケア~はじめの一歩、 その...

愛しさを注ぐ先

愛しいという言葉には、 可愛らしいという意味もありますが・・ 心が...

2018年12月 はじめの一歩 ご感想

いらした方が「本読みました。」と、 喪失とともに生きる―対話する死生...

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

→もっと見る

PAGE TOP ↑