*

「喪失とともに生きる」 一覧

今日まで生きてきて。

いのちの現場で働いていて、 毎日思うことは自分が今日まで生きている不思議。 病気もないし、体調に心配もそうはない。 なんの確証もないのに、しばらく大丈夫と思う。   で...

続きを見る

年の瀬に。

今日で1年のセミナー予定が終了です。 カウンセリングは年末までもう少し続きます。   街も人も年の瀬に向かうこの時期、 今年を振り返ったり・・ないものに想いを馳せたり。 ...

続きを見る

看護学生さんへ

さっきまで、とある看護学校の授業のご質問に、 文書でお答えしていました。 喪失とともに生きる―対話する死生学 を教科書として、使ってくださっています。 静岡大学の授業のように、 学生がテ...

続きを見る

湧きあがる泉

人には誰にも生きる力がある。 私はそれを信じている。 と、ブログにもよくそう書いている。   目に見えるものではないので、 体のいい謳い文句のように読まれている方もいる...

続きを見る

若者の感性2

たまたまなんとなく連動している気がしたので、 タイトルを続きのようにしました。 静岡大学での講義での私の学びです。   喪失とともに生きる―対話する死生学 今週は第3章...

続きを見る

若者の感性

若者のと書く辺り、 年齢じゃないだろうとひとり突っ込みしながら。 それでも静岡大学の講義は私にとっては、 若者の感性にビシバシと触れる機会でもあります。   喪失とと...

続きを見る

誰のため?

静岡大学での講義シリーズ、 といっても私がふと思ったことを綴るだけですが。 喪失とともに生きる―対話する死生学 が教科書でして、 ディスカッションを中心とした授業です。  ...

続きを見る

ただ、人として。

講義のスライドを作る週末のこの二日間。 (大学の講義の想定も頭の片隅にずっとあり・・) 言葉を解体しながら、 また気持ちと融合するような作業の中で思うこと。   このと...

続きを見る

気付いたら止まれないのだ。

タイトルは学生の発表の中の言葉です。 後期は週に一度静岡大学での講義があります。 グリーフケアでなく、 死生学を通してグリーフのことも伝えています。 先週も少し触れましたね。 &...

続きを見る

満ちて、満ちる。

いくつかの大学と看護学校で、 喪失とともに生きる―対話する死生学 を教科書として使って頂いています。 有難いことです。 かつ、若い年齢のうちから死生観に触れるということ。 私は大事な経験...

続きを見る

ブログお休みします。

2013年9月から毎日書いているブログですが、 今回初めてお休みしま...

2018年12月15日 グリーフケア~はじめの一歩

はじめの一歩って付けたのは、 大切な人をなくしたときの1歩の切なさを...

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

→もっと見る

PAGE TOP ↑