*

あるべきの外側へ

人の生きづらさを聴いていると、 まだまだ二元論の世界だと感じます。   希望だけ押しの、その先へ。   いい、悪い。 良い、良くない。 あってる、間違...

続きを見る

理念ができました。

理念とは・・ 1、ある物事についての、 こうあるべきだという根本の考え。 2、哲学で、純粋に理性によって立てられる 超経験的な最高の理想的概念。 (デジタル大辞泉より) ivyのこの場...

続きを見る

本質の力

御自身の本質をご存じですか? とは言っても、 科学的な証明の基準は明確にできませんが。   それでも人には本質というものが分かると、 私は信じています。  ...

続きを見る

弔いの文化

弔いの文化がある、 と聞いて思い浮かぶのはお葬式と四十九日かと。 そして少し遠い感覚があるのかなと思うの。   なんというか、 特別な出来事というような距離感。 ...

続きを見る

見守りという世界観

大切な人をなくした後、 関係性はその後も継続していきます。 それは立場や愛着関係というものだけでなく、 「見守ってくれている」という感覚です。   この感覚を持たれる方...

続きを見る

信じることから始まること。

大切な人をなくすと、 いろんなことが信じられなくなったりもする。   だって、 続くと思っていた今がなかったり。 ずっと一緒、 それは叶わないことがあると知ったから。...

続きを見る

伸びる蔦のように。

ivyは蔦の一種です。 “アイビー”と読みます。   ivyの由来のこぼれ話   いらっしゃる方のきっかけは様々ですが、 このところはご紹介が半数以上と...

続きを見る

今宵のここに。

嫌なことあると、 夜を飛ばしたくなりません?   “もう寝ようっ”とか、 “明日、明日”って自分に言い聞かす。     これって、 今...

続きを見る

点が線に重なる。

ひとつひとつのことが繋がっていく、 点を線にという表現ははよく聞く言葉ですね。 前に私も書いているかな。   スティーブ・ジョブズぅぅ。。   この...

続きを見る

死生観を育む。

静岡大学でやっている学際科目で、 「喪失とともに生きる~対話する死生学」 そう・・ 喪失とともに生きる―対話する死生学が、 教科書となっております。   学生向けの本...

続きを見る

魔法の言葉

魔法という表現を使うと、 なにやら怪しげにも思われそうですが。 ...

居場所というテーマ

古来からある占星術や数秘などでも、 ここからは居場所の時代と謳われて...

難しいを分解ね。

いのちの話は大事と言われるのに、 大切な人をなくすことに関連すると難...

トンネルの先に。

大切な人やものをなくすと、 長いトンネルにいるようだと語る人もいる。...

富士山が綺麗と。

グリーフカウンセリングivyは、 静岡県静岡市にあります。 距...

→もっと見る

PAGE TOP ↑