*

「グリーフとの向き合い方」 一覧

仕事への階段

自分って何から構成されていますか? 自分といっても身体とかでなく、 アイデンティティのことです。   日常では案外意識していないのかもしれませんが、 私達はいろいろな要...

続きを見る

アイデンティティ・クライシス

昨日の記事とも関連するのですが・・ 「じぶん」と「じかん」の結び方   私はいろいろな方の様々な方から、 人生のストーリーを聴く仕事をしています。 そうするうち気が...

続きを見る

分からないままの扱い方

みんな解決を目指してるみたいなんです。 どうしてかというと、 モヤモヤが嫌だからなんですね。 そうですねぇ.. モヤモヤが好きな人はいないのかもしれません。   ...

続きを見る

Beの願いから。

Beは❝ベ❞ではなくて、 動詞の方の❝ビー❞ね。 ここからの願いに辿り着いて欲しいの。     私は私、と残りの私。    ...

続きを見る

ブログお休みします。

2013年9月から毎日書いているブログですが、 今回初めてお休みします。 とはいえ、約10日間・・ 読んで下さっている方には、 あまり変わりないかも。 でも私にはなんだか長く感じます...

続きを見る

2018年12月15日 グリーフケア~はじめの一歩

はじめの一歩って付けたのは、 大切な人をなくしたときの1歩の切なさを思って。 グリーフの勉強をしたときの友人と、 こんこんと話をしながら決めたんだ。 それも、もう約6年も前になった。 ...

続きを見る

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ 一応この数年続くブログにも、 地図があるのだ。   グリーフ、喪失、 感情、ナラティブ、 そして再構成...

続きを見る

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう。 本質的な自己の関心と意図、 全体の幸福という観点からの関心へとね。   これは別に新しく革新的な...

続きを見る

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳幹部グリオーマは難治性疾患です。   ほとんどのこどもが病気の診断と同時に、 余命も宣告されることになりま...

続きを見る

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。 誰かと話せるからだけでなく、 自分との対話のチャンスなんです。 言葉にすると気付くから。   ...

続きを見る

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

2018年 カンボジア報告会ご感想vol.1

今年は国際医療支援の現場、 カンボジアの小児病棟にて、 グリーフカ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑