*

「看護」 一覧

浜田廣介童話集~本の紹介

童話というものは、こどもの頃にはよく読みますね。 児童文学の一種でもありますし、 言葉も内容も易しく書かれています。 大人になると読むことが少なくなるのはどうしてでしょう。  ...

続きを見る

羽根つけてくれる?

ナースコールで呼ばれていったら・・ 「あれ、見たことない顔だ。」って。 あるでしょ。忘れちゃったの? 寂しいなぁ、と。 そうは言っても90代後半だし、 認知症もあるのでいつもの会話でもあ...

続きを見る

届け先の発見

大切な人への想いにどう折り合いをつけるか、 自分の想いが腑に落ちるときには何か発見があるだろう。     それは知っていると思っていたのに、 知らなかったこと...

続きを見る

2017年2月18日 小児救急認定看護師フォローアップ研修

小児救急認定看護師という方々がいます。 馴染みがない名前でしょうか? 全国の医療現場で活躍されている、 小児の救急において専門的な知識と経験の達人です。   フォローア...

続きを見る

言葉に乗せて。

昨年作った冊子を増刷しました。 そのこらしく、あなたらしく 以前こども情報誌に、 連載していたコラムをまとめたものです。   正直、小規模のロットで割高なのですが・...

続きを見る

ユダネル

いのちって自分の範疇から手を離すことかなと思って・・ そんなことをお伝えした今週のカウンセリングを終えて、 久しぶりにこの本を思い出した。   ライフレッスン~本の紹介 ...

続きを見る

悼みのシェアリング

痛みでなく、悼みです。 悼みとは・・ 「悼む」の運用形、あるいは名詞化したもの。 悼むの意味は、人の死を哀しみ嘆くということ。   悲しみを感じるということですね。 ...

続きを見る

大事の隙間を埋めるもの。

大切な人をなくしたときの反応をグリーフといいます。 それを話すと“大事ですね”と言われます。   でも・・その後に起こるのは何かの区分けです。   「自分...

続きを見る

死生観に触れるとき。

私が話した後の大抵のご感想の中に、 “聴いたことがない話だった”というものがあります。 (良かったという意味で・・) それは私の話すことが特殊なのでもなく、 普段死生観ということに触れるこ...

続きを見る

平仮名で❝いのち❞と。

医療者にお伝えする機会が続いています。 本当に有難いことだと感じます。 それは私の想いというだけでなく、 私に繋がってくださっているご家族やご兄弟から・・ そして医療者の想いが繋がっていく...

続きを見る

2017年11月 Sound Souls ご感想

先月に引き続き、 11月のご感想です。 Sound Souls...

季節の便り

大切な人がいなくなって・・ 同じ季節や思い入れのある日など、 また...

夢のまた夢

夢のまた夢って、 儚いことを意味しますね。   ...

旭くん光のプロジェクト

今「くじらぐも」という演奏を聞きながら、 この記事を書いています。 ...

飾らぬ真心で日常を。

人は皆が素直に表現出来たら、 もっと人間関係がスムーズなのではないだ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑