*

「喪失」 一覧

小寒 2018

2018年は1月の5日が寒の入りだそうな。 ここから大寒までの期間を小寒といいます。 寒さが厳しくなり始める時期を意味します。   二十四節気って好きなのです。 好き・...

続きを見る

始まりは予期悲嘆から。

昨日お伝えしたように、 ここから数日は先日のシンポジウムでお話したことを。 2017年10月28日 小児脳幹部グリオーマシンポジウム 時間も短かったことと、 会場にいらしてない方ともシ...

続きを見る

だから大丈夫。

人は弱っていると、 誰かに肯定して欲しくなるのかもしれません。 (普段からの承認欲求とは別の話ですよ。) 自分の人生は自ら認めていくもの、 けれど予想もしなかった喪失に遭遇したとき・・ ...

続きを見る

日曜と月曜日の隙間

日曜日としたのはお休みの日の象徴で、 最近はお休みもこの限りではありませんが。 それでも日曜日の空気ってありますね。   私は月に何度かは東京とかに行きますが、 休日の...

続きを見る

二次喪失

二次的喪失という言葉が正解かもしれません。 社会的痛みとも表現されます。 もし、詳しく検索等するときはそちらで。   大切な人がいなくなったとき、 その人だけでなく他にもな...

続きを見る

2017年5月20日 シリーズ グリーフ・喪失とは ご感想

グリーフケア~はじめの一歩から続く、 シリーズセミナー全5回です。 グリーフ、喪失、意味再構成、 聴くこと・語ること、 家族とは、死生観というタイトルで進めていきます。  ...

続きを見る

与えられたものの使い方

人はいつまでもないものねだりです。 自戒の意味を込めて。 大切な人をなくして抱えるグリーフも、 渦中の頃は少し笑えれば・・なんて思っていたのに。 笑えるくらい元気になると、 もっともっと...

続きを見る

想い出は~になる。

いつか想い出になる。 この言葉は前までの私だったら、 言われて激昂していた言葉だろう。   分かんないくせに、 なんにも知らないくせに・・ そんな固まりが鼻の奥の方か...

続きを見る

“学ぶ”は行く先があること。

ivyでもセミナーという形で、 喪失のときの反応であるグリーフについてお話します。 大切な人をなくした方でも、 周囲の方でも、医療者でも区分けなくしたいなと思っていて。 だから誰向けと...

続きを見る

生き重ねていくのかも。

またこういう辞書にない言葉を書くと、 (2017年2月末現在検索ではでてきていない) また「変でしょ」とも言われますが・・ 言いたいことが既存の言葉に上手くハマらないんだもの。 もう少し読み進...

続きを見る

神様の神様

どうにも諦めきれないのは、 死というより別れだと思うのです。 ...

今を一緒に。

人生は人それぞれ、 起こる出来事も想いも固有のものです。 これ...

謝られ上手になろう。

謝れるのは得意ですか? 人に謝られたときの受け答え方、 受け止...

嫌いにある情報量ときたら。

人と話していて興味深いのは、 好きなことより嫌いについて饒舌なこと。...

自分を閉じ込めるもの。

好きに表現していいですよ、 と話すと驚かれますが・・ 我慢したり、...

→もっと見る

PAGE TOP ↑