*

「喪失」 一覧

万彩の日常

年が明けて日常生活に戻っておりますが、 いかがお過ごしですか? 大切な人やもの、機会をなくす日々は、 なかなか日常に戻れませんね。 いるはずの人がいない、以前の日々とは違う・・ 今の日常...

続きを見る

2021 彼岸の中日

お彼岸の時期となりました。 今年のお彼岸は20日から26日、 その真ん中を中日と呼びます。 この日はご先祖様に感謝する日と言われます。   この日だからというのもないとは思...

続きを見る

存在 BE

人は素晴らしい、 この真実をどうして受け取るのか。 そのプロセスが人生かもしれない。 最近私が感じたのは・・ もしかしたら気付くのはいつも遅くて、 だからちょっと急ぎたくなるというこ...

続きを見る

生存以外の価値

今日のタイトルにした言葉が、 ちらほらと流れ始めている。 最近というには長くなりつつある、 コロナ時代の危機とか課題に関してですね。 (コロナって呼び名があまり適してないんですけど、 風...

続きを見る

ギリギリの線にあるもの。

人の基準って、それぞれなんですが・・ 気になるのはギリギリの線辺りだと思うのです。 ギリギリも心のことになると分かりづらいのですが、 タオルとか洋服に例えるとどうですか?  ...

続きを見る

それは祝福なのだ。

死は哀しくて切ないけれど、 死んではいけないと言われたら私達は困ってしまう・・ だって身体には寿命はあるからね。   人間も自然の一部、 生き物としての生命体だよ。 ...

続きを見る

人と人と。

結局・・人と人だなーと感じることばかりです。 私の分野で言えば、医療とか知識とかもね。 どれ程すごい量とか、レベルがあっても、 それを使ったり、介しているのは人です。 もしくは使いこなした...

続きを見る

この時代に。

❝この時代❞という言葉がより多く使われる今年・・ これにどんな意訳をしていますか? “こんな時代”と使っているときは、 あまり好いている印象ではないですよね。   “こ...

続きを見る

2020年3月 今のじぶんのここから ご感想

正確には「今のじぶんのここから」セッション、 自分でも長いと思うのですが、 思い付かなくてすみません。。 「今のじぶんのここから」セッション   3月のご感想の記事がず...

続きを見る

2020年 木蓮の候

候とは手紙の挨拶文に使う言葉ですね。 こんな時期ですが、いかがお過ごしですか? などというように。 本来は季節感のある言葉を使うのですが、 今日は訳あってのタイトルにさせて頂きます。 し...

続きを見る

万彩の日常

年が明けて日常生活に戻っておりますが、 いかがお過ごしですか? 大...

2021年 冬至

今年もあとわずか・・ 冬至を迎えます。 冬至ってどんなイメージ...

2021年10月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

ブログを毎日にしなくなって、 めっきりご感想等も遅れてしまいすみませ...

2021年12月10日 インナーチャイルド・ワークショップ

年2回の機会、ワークショップのご案内です。 インナーチャイルド・ワー...

2021 彼岸の中日

お彼岸の時期となりました。 今年のお彼岸は20日から26日、 その...

→もっと見る

PAGE TOP ↑