*

「喪失」 一覧

しっくりと。

自分を生きる、 このときに大事な感覚があります。     引き受ける感覚     大切な人やものをなくして、 相談にみえ...

続きを見る

日常の安心

安心・安全が脅かされるとき、 人はこれまで生きている世界に揺らぎを感じます。 特に日常にこれが起きるとき、 とても心もとない気持ちになることでしょう。    ...

続きを見る

繋がりの先

グリーフケアというもの、 これが仕事と捉えられるとき・・ 大事なことですね、とか、 誰かのお役に立つことと言われます。 言葉的には間違いでもないのですが、 何を指すかは人により違いがある...

続きを見る

目線を上げる。

社員教育の記事にあった言葉で、 納得・・ 教育に必要なのは、目線を上げること。 教育って何かを教えることでなく、 成長を見守ること。   大切な人をなくす喪失とい...

続きを見る

鍵を握る手と。

ivyのブログでは、 大切な人やものをなくす喪失と、 グリーフを抱えて生きていくこと。 そこから・・ 自分の人生を生きていくというテーマを、 いかに見つめて掴んでいくか。 このことを記...

続きを見る

未来より、変わる今

昨今カウンセリングにいらしている、 若いママがいつも私に聞いてくれる。   「私でも変われますか?」   自信がないとか、 自分なんてとか理由はいっぱい...

続きを見る

ソウル・フード

ソウル・フードという言葉があります。 日本語だと何だろう? 調べたら、 日本語訳は載ってなかった。   意味はこちら 1、米国南部の黒人の伝統的な料理 2、その...

続きを見る

どれだけの工程で。

対面で人に会うとき、連絡を頂くとき、 心掛けようと思っていることがあります。 それはその方がここへ来るまでの工程です。 生きる間で何があったかというのは、 お話をして聞くことが出来るのです...

続きを見る

小寒 2018

2018年は1月の5日が寒の入りだそうな。 ここから大寒までの期間を小寒といいます。 寒さが厳しくなり始める時期を意味します。   二十四節気って好きなのです。 好き・...

続きを見る

始まりは予期悲嘆から。

昨日お伝えしたように、 ここから数日は先日のシンポジウムでお話したことを。 2017年10月28日 小児脳幹部グリオーマシンポジウム 時間も短かったことと、 会場にいらしてない方ともシ...

続きを見る

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑