*

「看護師時代」 一覧

涙を慈しむ。

自分を慈しむということを、 学んでこなかったと大人になって気付きます。 そうすると、 何をすればいいだろうかとか・・ 何を身につければいいだろうとか。   これまで方...

続きを見る

種の設計図

素質ってありますね。 どんな人にも持って生まれた、 もしくは親から授かった素質というものがあります。 それは生まれ持ったものながら、 小さな頃から発揮するものと、 大人になってから活かし...

続きを見る

想い出は~になる。

いつか想い出になる。 この言葉は前までの私だったら、 言われて激昂していた言葉だろう。   分かんないくせに、 なんにも知らないくせに・・ そんな固まりが鼻の奥の方か...

続きを見る

コトノハ

コトノハライターの井上衣保子さんに、 インタビュー記事を書いて頂きました。 コトノハライターって?という方、 井上さんのブログはこちらです。 ↓ ことのはの色彩   ...

続きを見る

“学ぶ”は行く先があること。

ivyでもセミナーという形で、 喪失のときの反応であるグリーフについてお話します。 大切な人をなくした方でも、 周囲の方でも、医療者でも区分けなくしたいなと思っていて。 だから誰向けと...

続きを見る

届け先の発見

大切な人への想いにどう折り合いをつけるか、 自分の想いが腑に落ちるときには何か発見があるだろう。     それは知っていると思っていたのに、 知らなかったこと...

続きを見る

2017年2月18日 小児救急認定看護師フォローアップ研修

小児救急認定看護師という方々がいます。 馴染みがない名前でしょうか? 全国の医療現場で活躍されている、 小児の救急において専門的な知識と経験の達人です。   フォローア...

続きを見る

大事の隙間を埋めるもの。

大切な人をなくしたときの反応をグリーフといいます。 それを話すと“大事ですね”と言われます。   でも・・その後に起こるのは何かの区分けです。   「自分...

続きを見る

平仮名で❝いのち❞と。

医療者にお伝えする機会が続いています。 本当に有難いことだと感じます。 それは私の想いというだけでなく、 私に繋がってくださっているご家族やご兄弟から・・ そして医療者の想いが繋がっていく...

続きを見る

2017年2月8日 埼玉小児医療センター

緩和ケア研修会にお声を掛けて頂きました。 流れ的には、 ほぼ1年前に行ったこちらの御縁です。   国立成育医療センター ご感想   小児病院に勤務し...

続きを見る

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑