*

「看護師時代」 一覧

イライラからが醍醐味です。

イライラなくそうとする人がいて、 もったいなーいと思うのですが・・ このイライラを取ってくださいと言われる仕事でもあります。 取る、にはふたつあって、 なかったことにするのと腑に落ちるでは...

続きを見る

おうちで死にたい~本の紹介

珍しいでしょう、漫画の紹介です。 サブタイトルは~自然で穏やかな最後の日々~ 在宅医療での最期の時間に寄り添う、 訪問看護師さん達を通して、 患者さんとご家族の姿が描かれています。 ...

続きを見る

世界こどもホスピスフォーラム 

こどものホスピスはおうちです。 誰でも病気になることはある。 でも病人として生きていくのではありません。 ひとりの人として生きていくのです。   こどもだって病...

続きを見る

横浜こどもホスピスプロジェクト

日本にはホスピスって、 充分にはありません。 ベッド数とか、地の利とか・・ 大人でさえもね。 あと・・ こどもも看てくれる大人のホスピスもありません。 (ここは医療からいえば、当然なの...

続きを見る

ヘアドネーション♪

ドネーションとは寄付のこと。 ヘアーなので、髪の毛ですね。   最近は大分浸透してきましたが、 ご存知ですか?   ここまで伸ばすために、 この数...

続きを見る

そのこを想えば・・

医療現場の方から、 質問を頂くこともあります。 正解がない、 または明確でないこと。   患者さんやご家族はもとより、 医療スタッフも惑うことがあります。 看取りの...

続きを見る

存在という役割

死よりつらいこともあるのではないか。 授業で学生からでてきた疑問です。   喪失とともに生きる―対話する死生学 をテキストに、 静岡大学で死生学のディスカッションをしていま...

続きを見る

旭くん光のプロジェクト

今「くじらぐも」という演奏を聞きながら、 この記事を書いています。 この曲は加藤旭くんが、 小学校1年生のときに作曲した作品です。   流れるようなメロディから、 音...

続きを見る

情報と繋がり

現代の問題と課題のひとつ、 様々な分野が縦割りなことと思います。   例えばグリーフのことも、 学者さんで研究している人とか・・ 葬儀屋さんとか・・ 行政とか、法曹界とか...

続きを見る

大切な人をなくしたあなたへ 大切な人に寄り添いたいあなたへ

タイトルを長くしちゃったので、 前回の記事では違うタイトルでお知らせしました。   2017年8月27日 三田市にお邪魔します。   主催は虹玉の会さんで...

続きを見る

イライラからが醍醐味です。

イライラなくそうとする人がいて、 もったいなーいと思うのですが・・ ...

今日もどうもありがとう。

先日クライアントさんに聞かれた質問です。 その方はご病気があって、ご...

ゆだねる感覚

ゆだねる、委ねる、感じだとあまり使ったことない。 というか、この言葉...

身体の声を聴く。

意識的に、がキーワード。 身体が悲鳴を上げる前、 最近では未病って...

悼みと望みと人間性と。

いつも悼みの奥に望みや願いがありますよ、 とお伝えしています。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑