看取り | グリーフケアとはなんでしょう - Part 9

*

「看取り」 一覧

先の道をゆく人から学ぶ。

このタイトルは仕事や学術などでは当然のこと。 それが何故生きるには適応されないのかな。 このところ、それが疑問です。   今日本には高齢者がたくさんいます。 ここか...

続きを見る

毎日いのち

ここ数日北海道へ学会のため出かけていました。 家を離れるとどうしても外食になりますね。   勉強の為に行ったとはいえ、 すこし美味しいものも頂き・ そういうときって普段と違...

続きを見る

最期まで自分らしく生きるとは、を問う

ケアする人の心のケアの一環として、 看取りの研修もします。   看取りケア~医療・介護者向け相談室   冒頭の一環としてという意味は、 単なる私の心境で...

続きを見る

いのちあるだけで。

大正生まれのご婦人はキリッとしています。 芯の強さとでもいうのかな。 物腰は柔らかく謙虚、けれど揺るがない感じがあります。   お手伝い要りますか? と声を掛けると大抵“大...

続きを見る

また明日。

「また明日ね。」「また会おうねっ」 こう挨拶をすることは日常ですね。   私はそう言葉を交わして、 もう会えなかったこども達がたくさんいます。 もちろん大人でもいらっしゃい...

続きを見る

いのちの綿毛を飛ばすように。

以前グリーフケアを知って頂くことを、 タンポポの綿毛に例えたことがありました。 起業して、誰も知り合いもいなくて、何の伝手もなくて・・ ひとりぼっちだななんて思っていた頃のことです。 いや...

続きを見る

柔らかな強さで。

大切な人をなくしたとき、 自分てこんなに弱かったんだって思うかもしれません。 強くいなくちゃって、思うかもしれません。   でも、強いってどんなふうにいることだろう。 ...

続きを見る

アイス食べるっ。

看護師という仕事では、 いのちが尽きる時間に寄り添うこともあります。 でも仕事として思い悩むのは、 その瞬間のことよりも辿り着くまでの時間の方です。 グリーフケアという面からも、この時...

続きを見る

その日の前に~本の紹介

タイトルになっている一篇にいくつかの短編が編み込まれています。 どれも❝その日❞を取り巻くその前やこれからの日、 そして人の姿が描かれた物語です。   私は職業柄なのか、 ...

続きを見る

喪の作業と再構成

天皇陛下のお気持ち表明というものがありましたね。 このような機会は滅多にないことでしょう。 メインの象徴としてということに関しては、 私が触れることはないのですが。。 お気持ち伝わりましたとお...

続きを見る

2018年9月 MYジャンクション

お知らせをすっかり忘れていた8月で、 反省しながらの記事の更新です。...

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑