*

「看取り」 一覧

涙を慈しむ。

自分を慈しむということを、 学んでこなかったと大人になって気付きます。 そうすると、 何をすればいいだろうかとか・・ 何を身につければいいだろうとか。   これまで方...

続きを見る

2017 シリーズセミナー

シリーズセミナーは、 グリーフケア~はじめの一歩から続く全5回からなります。 (5回の後、もう3回やったこともある。) グリーフとは、喪失とは。 語ること、聴くこと。 家族とは。 ...

続きを見る

2017年6月 看取りケア合宿

看取りの場に、想いを持って立てる。 そんな人の学びの場を作りたくて、 昨年から始めました。 どうして合宿にしようと思ったかは、 いくつか理由があるのですが今日のところはさておき・・ ...

続きを見る

自然の一部だから。

気に病むことがあるとき、 「うまくいかない。」 「思った通りでなくて、苦しい。」 ときにそんな訴えも聞かれます。   ・・・人生で思い通りだったこと、ありますか? ...

続きを見る

また春がくる。

日本には四季があり、 そこが好きな方も多いことでしょう。 それゆえに想い出すこともあったりします。 大切な人をなくすと尚更のこと。   一緒に過ごした日、お別れした...

続きを見る

想い出は~になる。

いつか想い出になる。 この言葉は前までの私だったら、 言われて激昂していた言葉だろう。   分かんないくせに、 なんにも知らないくせに・・ そんな固まりが鼻の奥の方か...

続きを見る

少し顔を上げて。

カウンセリングにいらして下さっている方が、 ❝浅原さんに会えることが今週の糧です❞ ってメールをくださって。   怒涛の嵐の時期は過ぎて、 今はひと月に1度のペース。 お...

続きを見る

いのちとして、ともに生きる。

私の研修は❝考える研修ですね❞ そんなご感想も頂きます。 それはこれまでの研修が❝教わる❞だったかららしい。   “考える研修を考えてみた。”   ...

続きを見る

“学ぶ”は行く先があること。

ivyでもセミナーという形で、 喪失のときの反応であるグリーフについてお話します。 大切な人をなくした方でも、 周囲の方でも、医療者でも区分けなくしたいなと思っていて。 だから誰向けと...

続きを見る

浜田廣介童話集~本の紹介

童話というものは、こどもの頃にはよく読みますね。 児童文学の一種でもありますし、 言葉も内容も易しく書かれています。 大人になると読むことが少なくなるのはどうしてでしょう。  ...

続きを見る

2018年12月15日 グリーフケア~はじめの一歩

はじめの一歩って付けたのは、 大切な人をなくしたときの1歩の切なさを...

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑