*

「看取り」 一覧

母の日 2016

母の日ってブログ書いたことないんだっけ? なんて思いつつ探したら、二年前に書いていました。 母の日 このときはまだ心配だった母は、 麻痺はあってもすっかりと言っていいほど元気です。 ...

続きを見る

尊厳について改めて。

尊厳てなんだろう?と初心に帰りつつの最近です。 特に私が思うのは、医療現場で対する人の尊厳ね。   尊厳とは、 『とうとく、おごそかで、おかしがたいこと』 と辞書等には書か...

続きを見る

看取りケア~合宿セミナー

看取りのこころを育てるをテーマに、 医療・介護職向けに合宿形式のワークショップをしようと思います。   ずっと前から考えていて。。 人を医療者が看取ることが多い時代になりまし...

続きを見る

私も大好きだよ。

看護師の夜勤バイトでね、 私は「好き」って言葉を使うことがあります。   最近体調の悪い方に病院のことを聞いたら、 「私はただここにいるだけでいいのにな。。 みんな優しいし...

続きを見る

死にゆく過程を生きる~終末期がん患者の経験の社会学ー本の紹介

このタイトルを見たら、体験記と想像する方が多いだろうか。 著者の田代志門先生は、 「死と看取り」の個人的経験から遠い人間が 当事者とそれを支える人々から学んだことと記されている。 &nbs...

続きを見る

医療現場の皆様に伝えていくこと。

「グリーフケア~医療現場の皆様に知って欲しいこと」 というタイトルで医療や在宅の現場で働く方々に伝えています。 今年はこの内容でお話する機会が増えてきています。 この内容といっても、病院・介...

続きを見る

仲良しだから、いいんだよ。

看護師の夜勤バイトの夜中、トイレ介助していたら。。 その方が急に目の前でしゃがんでいる私の顔を見てこう言った。   「あんた、うちの系統とは違うね。」 どうも顔のことらし...

続きを見る

医療者に伝えたい気持ちはありますか?

今年は医療の場や医療者へお伝えする新しい場がありそうです。 私も看護師だったこと、そこから学んで今に至ることというのが主な理由です。 グリーフケアという視点を、医療現場から持とうと思ってくれて...

続きを見る

いのちのケア

このところの事件の情報を見て思うのは、 いのちのケアが必要な時代になったのではないだろうかということ。 認知症、介護問題、看取るまでの職業と質の向上、 人とのすれ違い、孤独、そこからの逃避の...

続きを見る

存在という支え

「おもいでっ、本当に可愛かったから。。」 ご老人と接していて感じることは、 お子様をなくしている方の多さです。 時代が違うと言えば、それまでですが。。   いのちは...

続きを見る

ともにしたいことは・・

生きる中で共有したいこと、 書ききれない程たくさんあると思います。 ...

成績表は要らないよ。

ivyの記事は毎日誰かへのお手紙です。 大切な人をなくす喪失や、...

目線を上げる。

社員教育の記事にあった言葉で、 納得・・ 教育に必要なのは、目...

鍵を握る手と。

ivyのブログでは、 大切な人やものをなくす喪失と、 グリーフを抱...

お尻も慈しむ。

自分を好きになるとか、 大事にするとか・・ そんな広告とか多いです...

→もっと見る

PAGE TOP ↑