*

「気付く」 一覧

春の雨

昨夜から雨、でも気温は暖かく。。 季節が移っていくのを感じますね。   季節の変わり目は、また時が進むのを切なく感じたり。。 ここまで自分が踏ん張ってきたと感じたり。。 ...

続きを見る

カンナと秋桜

「終戦の日、咲いてたのよ。 振り返ったら、カンナと秋桜が並んで。。前から咲いていたとは思うんだけど。 戦争が終わったって、何もかも白黒に見えたのに。 そこだけ色があったの、鮮やかだった。印象的だ...

続きを見る

声のぬくもり

私達は毎日誰かに呼び掛けたり、呼びかけられたり。 事務的な用事のときもあれば、 家族の中の会話かもしれないし、 大切な人からの呼びかけだったりする。   なんでもない呼びか...

続きを見る

慈悲の「悲」という愛

このところ虐待やこどもの事件のことでもお声を掛けて頂くことが増えました。 関心を持って頂く方が増えるのは、とても喜ばしいことなのですが。。 その多くは「許せない」「信じられない」という怒りです。 ...

続きを見る

手を伸ばす。

先日チャリティのお礼をしましたが、 今回はivyとしても嬉しい兆候がありました。 「自分はまだ元気がないから、そこに行くことは出来ないけど。」 そう言いつつ、チャリティを応援する気持ちをもっ...

続きを見る

もう1年。。まだ1年。。

「もう1年も経つのに。。」 「もう半年も経つのに。。」 ivyではよく言われるなぁ。。期間はまちまちです。 タイトルは“1年”にしちゃったけど、 2年の人も5年の人も10年の人もいる。 ...

続きを見る

誰かの明日へ。

人は誰でも明日のために生きているのかもしれない。   でも、その明日は必ずやってくるとは限らない。 いのちは有限。。かつ、それもいつまでかは分からない。  ...

続きを見る

お湯沸いた?

老人介護施設の夜中には、こんな会話もある。 時間の認知も危うくなるから、 真夜中に起きてこられる方は多い。   どうしましたか?って声を掛ける。 いろんな理由がある...

続きを見る

苦も「ご縁」

最近ね、「いいご縁」の取り扱いが違ってきている気がして。 自分によくしてもらったときや、 得があったときに「ご縁」て言う人が多い気がするの。   もともと「ご縁」は、縁起...

続きを見る

ラベリング

元々は単に商品にラベル(シール)を貼ること。 そこから、ラベリング理論という考え方が提唱されたようです。 ラベリング理論は、世間でよく言われるレッテル貼りです。 ある人や事柄の一部を見ただけ...

続きを見る

音を観て、色を聴く。

主語と動詞が合わないのはおかしい、 ときにそんなご指摘も頂きます。 ...

2020年6月 インナーチャイルド・ワークショップ

毎度恒例のインナーチャイルド・ワークショップ、 今年は出来るかなーと...

新しい世界で。

新しい世界というキーワードは、 これまでもあったのかもしれません。 ...

世界はひとつ☆

今回実感していることは、 世界はひとつなんだなぁということ。 ...

俺か、俺じゃないか・・

「俺か、俺じゃないか」 って名言?ですよね。 選択肢のようで断言さ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑