*

「グリーフケア」 一覧

あるのか、ないのか?

天国はあるか知っていますか?あの世はどこですか? これは、少し信仰も関係するので。。答えは異なると思いますが。   ivyにみえる方で、それまで熱心な信仰がなく また、ス...

続きを見る

その涙は。。

誰を思っての涙でしょうか? グリーフの渦に佇むとき、いっぱい泣いてもいいんです。 いくら泣いていてもいいのです。   それは、今あなたに必要な涙だから。   ...

続きを見る

そうそう、コラム☆

書きあがっているのですよ。編集長さんのOKも頂きました。 「緩急があっていいですね。」って。わぁい☆ しかし。。 どこか、「緩」で。。どこが、「急」だろう?(笑)   自分...

続きを見る

そのままでって。

いい響きですよね。あるがままの姿を認めますよってこと。   ただ、今の仕事で人と向き合うことをしていると ふと思うことがあります。 勿論、私はそのままのあなたを受け入れま...

続きを見る

分からない。

ivyに見える方はよくそうおっしゃいます。 「分からないです。」「どうしたらいいのか。。」   グリーフを抱えると、暗闇にいるような感覚です。 「分からない」「見えない」。。...

続きを見る

2014年4月19日 グリーフケア「はじめの一歩」

昨日の「はじめの一歩」は関西圏からいらして下さった方が☆ ブログをずっとずっと読んでいて頂いていました。   聞いて下さる方々の流される涙を見ながら 静かな綺麗な涙だなぁと、...

続きを見る

形にすること、場を与えること。

感情は目に見えず、この苦しさが何かになればと願うけど。 その確約は誰もしてくれない。   この想いが、いつか誰かの何かになるだろうか?   もしかしたら、...

続きを見る

2.5人称の視点

先日、書いた三人称の視点という柳田邦男先生のお話しの続きは 三人称の視点 ケアする人は、2.5人称の視点を持ちましょうというものです。 情愛のある二人称と、 冷静な判断のための三人称の...

続きを見る

オレンジリボン

ご存知ですか?このマークには、こんな意味が込められています。 2004年、栃木県小山市で 3歳と4歳になる二人の可愛らしい兄弟が 父親の友人から再三にわたって暴行を受け、 息も絶え絶えの状...

続きを見る

悲しみに寄り添う~本の紹介

正確なタイトルは、「死別と悲哀の心理学 ❝悲しみに寄り添う❞」 です。 今、これをダッシュで読み進めているのです。   何故か。。 著者のケルスティン・ラマー氏が来日される...

続きを見る

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

→もっと見る

PAGE TOP ↑