*

「繋ぐ・繋がる」 一覧

仲良くしてね。

自分と仲良くしてますか?   小さい頃って遊びの場に、 「入れて」とか「仲良くしてね」 とか言ったりしてましたよねぇ。   大人になると、 自分の気持...

続きを見る

もっと、故に。

大切な人やものをなくす、 そんなことが生きる時間の中にある。 考えたこともないことが起こる。 ニーメイヤー先生は、 それを「想定の世界の崩壊」と表現しています。   ...

続きを見る

想いを伝えるプレゼンテーション

2017年12月、2018年1月と2回に分け、 「想いを伝えるプレゼンテーション」 基本編・話し方編という場を頂きました。 中小企業の経営者の方々に向けての場で、 事業をしている先輩方の胸...

続きを見る

出逢いを愉しむ。

毎日誰かと出逢って、 ご縁を頂いていると思う。 出逢いを愉しめているだろうか、 と自問自答したりする。   なかなか毎日忙しいから、 そんな設定をしていい訳している自...

続きを見る

ありがとうの飛ばし方

小さいときに、 ありがとうってどうやって覚えただろう。 いつ、どんなふうに伝えるのか、 自分はどう捉えているだろう。   必ずは頂きものをしたり、 何かしてもらったり...

続きを見る

血縁という課題

介護現場を看ていると、 この課題を持ち続けている状況に多く遭遇します。 それぞれの人生の課題でもありますし、 そこに至った事情はあると察します。 他人が口を挟めることでもありません。 ...

続きを見る

重なりのとき

生きることはいろんな色を合わせ、 グラデーションを創ることだと感じる。   そんな中で・・ 何かの際にサインを受け取ることが、 人生の中では起こるのです。 いろいろな...

続きを見る

なくしたものは大切なものへの扉

人は生きる中で喪失というテーマに当たる。 と、私は思っている。 見ない振りしようとする人もいるだろうし、 そこは時期もあるだろうと思う。     なくし...

続きを見る

青年よ、今を掴め。

青年でなくとも、 大人でもこどもでも同じなのですがね。 先日プレゼンした学生に、 授業中は時間がなかったので私なりの応答を伝えた。   喪失とともに生きる―対話する死生...

続きを見る

存在という役割

死よりつらいこともあるのではないか。 授業で学生からでてきた疑問です。   喪失とともに生きる―対話する死生学 をテキストに、 静岡大学で死生学のディスカッションをしていま...

続きを見る

普通、それって幸せのこと。

こんなはずじゃなかったのに・・ 大切な人やものをなくして、 ふとそ...

ソウル・フード

ソウル・フードという言葉があります。 日本語だと何だろう? 調...

行動はこころの表現

心になにかを抱えているとき、 気持ちの問題としていませんか? ...

囚われで守るものは?

しんどいときって、 何かに囚われていることがあります。 概念と...

人に育てられ。

私達は人に育てられている。 この言葉自体はよく使われている。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑