*

「ナラティブ」 一覧

現実はいつも対話から生まれる~本の紹介

日本語タイトルインパクトありますね。 元々はEnterting the Dialogue 対話に入るということ、こっちも好きです。 やっと日本語訳が・・ というのも同作者の書籍を読もう...

続きを見る

ゆるしに似ているもの

怒りについてを書くと言って、 早数年経っているわけです。   あとは、怒りと赦し。   このところ不条理さに向き合うことが多くて、 タイミングかなぁと思...

続きを見る

はじまりもなく おわりもなく~本の紹介

この本は薄い本なのですが、 内容が深くて・・ 未だ読み切れた気がしません。   本棚にずっとあるけど、 今日ふと目に留まったのは・・ 根源的な問いと現実の狭間 &n...

続きを見る

言葉は生まれる。

言葉はこれまでの経験や、 知識や情報から学んできている。 それは事実ではあるけれど。   私達は自分の中にある想いを言葉にすることに、 想いの外難儀したりする。 ...

続きを見る

翼を広げて。

大好きだった利用者さんと、 お別れしたのでちょっと・・ いや、実は大分センチメンタルな訳です。 あ、利用者さんというのは、 看護師のお仕事で出逢った方です。   そし...

続きを見る

2018年9月 MYジャンクション

お知らせをすっかり忘れていた8月で、 反省しながらの記事の更新です。   MYジャンクションは2016年秋から始めた、 対話型のセミナーです。   &n...

続きを見る

一隅を照らす、光とは?

一隅を照らすこれすなわち国宝なり 最澄の有名な言葉です。 本来は先の一文もあります。 御存じの方も多いのかもしれません。     大切な人をなくす、...

続きを見る

もたらされるもの。

喪失を抱いて生きる、 私にとってもテーマです。   人は生きる時間の中で、 大切な人やものをなくす。 それぞれ出来事や場面は異なりますが、 誰もが経験することと思いま...

続きを見る

アリアドネの糸

神話から由来しているようですね、 難問を解決する鍵のことの比喩です。   人間関係、とくに近しい人同士、 不調和が起こるときの要因は擦れ違いです。 “違うっ”“分かって...

続きを見る

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれる赤ちゃんの頃の声、 目的を持った言葉や声になってから。   この記事を読んでくださる方も、 かなりの月...

続きを見る

素敵な1日にて。

自分の1日は素敵な1日ですよね。 だって大事な誰かをずっと想って...

みーんなで、幸せに。

悩むの肝心な①~⑩までを書きながら、 ずっと浮かんできたのはこんなこ...

悩みの質感

質と表すといいとか悪いと連想されがちで、 質感としてみました。 ...

悩むの肝心なとこ⑩

悩むは心の行程と⑨で書きました。 悩むの肝心なとこ⑨ それ...

悩むの肝心なとこ⑨

さて、⑨まできて自分の内側を感じてきたかな。 素直に感じると拡がりが...

→もっと見る

PAGE TOP ↑