*

「セミナー」 一覧

2013年11月17日のはじめの一歩

「グリーフケア~はじめの一歩」 今日も無事終わりました。 ここに来るまでに経過は、以前のブログをご覧ください。 10月5日のはじめの一歩 11月のはじめの一歩 今日もご好評を...

続きを見る

人生の役割

老いもグリーフです。 そういうと、「へぇ。。」と言われることが多いですが。 今まで出来たことが思うように出来なくなったり、 御家族からみると、そんなことが切なくなったりします。 喪失感...

続きを見る

分かっていても、グッときます。

「夏にラジオを聞きまして。。ずっとお電話しようと。。」 そうやって、お電話を頂きました。 「○年前に~を亡くしました。まだまだ落ち込んでいて。。」と。 「こういうことを考えられる機会はあ...

続きを見る

19歳の君へ~本の紹介

これも、私が大好きな本です。 若者にも是非。 なぜなら、2007年に千葉大で行われた「いのちを考える」の講演集です。   この講演は、知らなかったのですが。 総勢14名...

続きを見る

「生きる」を考える~響いてきたいのちからの言葉2013年12月7日

「生きる」を考える~響いてきたいのちからの言葉 第2回(全6回シリーズです) 『今を生きるコツ』~よりよく生きるために~ 沼野尚美先生 宝塚市民病院 チャプレン・カウンセラー 沼野先...

続きを見る

生と死の問題

若い方に「自分には、遠いので考えたことがない。」大抵、私の仕事についてはそう言われます。 私としては、不思議だったりもします。 いのちって、誰も同じく与えられたものではないでしょうか? ...

続きを見る

表裏一体

何が、表裏一体でしょう?勘のイイ方は分かりましたね。 そう、私がいうのは「生と死」です。 表裏一体なのは当たり前じゃんって思った方、もうちょっとだけ読んでね。 「死生観」とか「死生学...

続きを見る

そして、他者と生きる。

ずっと、「自己」「自分」と言う存在について書きました。 ここで、「そして。。」です。   皆様、御存じのとおり 人はひとりでは生きられません。 生命としてもそうですし、...

続きを見る

自分を認める。

このところ、書いている自己肯定とか認めるとかいうとの種は 本来は生まれた時に蒔かれ、幼児期に育っています。 これは、発達心理学等に含まれるので 私は専門家ではありませんが、 愛着関係と...

続きを見る

竹之内先生との出会い

先生とのご縁はものすごい偶然的、必然、引き合わせでした。 お仕事を始めたこの春、どうも静岡大学に死生学を話す先生がいるらしい。 そう聞いた。 どうしたらお会いできるのだろう?伝手もないし...

続きを見る

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑