*

「セミナー」 一覧

そして、他者と生きる。

ずっと、「自己」「自分」と言う存在について書きました。 ここで、「そして。。」です。   皆様、御存じのとおり 人はひとりでは生きられません。 生命としてもそうですし、...

続きを見る

自分を認める。

このところ、書いている自己肯定とか認めるとかいうとの種は 本来は生まれた時に蒔かれ、幼児期に育っています。 これは、発達心理学等に含まれるので 私は専門家ではありませんが、 愛着関係と...

続きを見る

竹之内先生との出会い

先生とのご縁はものすごい偶然的、必然、引き合わせでした。 お仕事を始めたこの春、どうも静岡大学に死生学を話す先生がいるらしい。 そう聞いた。 どうしたらお会いできるのだろう?伝手もないし...

続きを見る

生きるヒント

死生観て難しい。。そう思ったら難しい(笑) 人類永遠のテーマと言ってしまえば、それはそう。 でも、毎日生きているではありませんか? だから、きっともう皆さんお持ちなのだと私は思います。 ...

続きを見る

人とのすれ違い

人を理解しようとしたら、生きるのが楽になると思う。 この何日か、敢えて周りの皆様の対応について書いてきました。 どうしてか? 私のところにくるご意見で、そこが一番傷つき、辛いという思...

続きを見る

お力をお借りできるなら

「どうやって、ご紹介したらいいですか?」 というご質問。 なかなか難しくもあります。 個人的には有難いです、本当に。 勿論、グリーフケアという存在は知って頂けば グリーフに陥り苦しい方は...

続きを見る

11月のはじめの一歩

先日、実質初めての自社セミナー“グリーフケア~はじめの一歩” 予想以上の御感想を頂きました。 10月5日のはじめの一歩 そして、お問い合わせもいくつか。 「5日はタイミング合わなかった...

続きを見る

セミナー告知 「生きる」を考える~響いてきたいのちからの言葉 2013年11月9日

「生きる」を考える~響いてきたいのちからの言葉 第1回(全6回シリーズです) 『死生観、看取りってなんだろう』~いのちについて考える序章 竹之内裕文先生 静岡大学大学院農学研究科・創造科学...

続きを見る

メッセンジャー

「浅原さんは、メッセンジャーだな。Yとかこども達のさ。」 そんな有難いお言葉を頂いて。。 いやいや、という私に。 「だってさ、坊さんだって普通じゃん。ちゃんと供養すればとか言われたけ...

続きを見る

2013年10月5日のはじめの一歩

10月5日グリーフカウンセリングivyの開催するセミナー 『グリーフケア~はじめの一歩』 一般の方向けにグリーフのどのあたりをお伝えすればいいか。。 悩みに悩み、そして理論的でなくてとか ...

続きを見る

2018年12月15日 グリーフケア~はじめの一歩

はじめの一歩って付けたのは、 大切な人をなくしたときの1歩の切なさを...

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑