*

ディグニティセラピー

という、方法があります。人生の振り返りの方法のひとつです。 御自身の最期が近づいた方が、 これまでの人生を振り返り 自分にとってもっとも大切になったことをあきらかにしたり 周りの人々に一番...

続きを見る

宇宙のみなしご~本の紹介

児童文学ですが、森絵都さんの文章は大人が読んでも素敵です。 たくさんの言葉、比喩が散りばめられています。   どれを拾うかはその人の自由でいいと思うので、 特に今回ここという...

続きを見る

こどもの日、お母さんの力

お子様に何か心配のあるとき、御両親もグリーフを抱えます。   こころのケアをすると、本来持っていた力に辿り着くのだと感じます。   先日頂いたメールが他の方...

続きを見る

小さいいのち

こどもの日を前に思うこと。このところ、こども関連モード。 理解してもらえないグリーフのひとつに、 死産、流産があります。   少し前にも書きましたね。 天使のままへ...

続きを見る

グリーフケア~こどもの日を前に。

グリーフケアを仕事にしようと思っている私。 何故か、こども関連のことが多く舞い込みます。   シンプルに考えれば、こどもの専門病院にいたから? そして、看護師だからかな? ...

続きを見る

グリーフブックというタグ

私のブログに“グリーフブック”というタグがあります。 グリーフ関連だったり、捉え方の参考になるものだったり。。 死生観に通じる絵本だったり、こども達と読んだ本だったり。。   ...

続きを見る

かくれた次元~本の紹介

生物の距離感と、文化へのアプローチの本。 すごい適当な紹介に感じるだろうが、そういう内容。   何年か前に、すごい読みたくて。欲しくて。。 でも、勉強中で節約だったから(笑)...

続きを見る

その人らしく。

その人らしく、ということはどういうことかな? そのままで、とは少し違う気がしますね。 そのままでって。 そのままでと言われても、 自分に違和感があったら苦しいしね。 だから、...

続きを見る

グリーフケアセミナー シリーズ全5回 

再開講のお知らせです。 まだ一度目のクールが終わっていませんが、次クールの募集となります。   グリーフケア「はじめの一歩」を受講された方に、 現在クローズで全5回のシリーズ...

続きを見る

ゼールゾルゲ(魂のケア)

ケルスティン・ラマーさんにお会いすることができました。 ドイツのゼールゾルゲ(魂のケアと和訳されています) 牧師さんで、病院で患者様の心の苦しみをケアする方です。 そして、ケールゾルゲのスーパー...

続きを見る

愛しさを注ぐ先

愛しいという言葉には、 可愛らしいという意味もありますが・・ 心が...

2018年12月 はじめの一歩 ご感想

いらした方が「本読みました。」と、 喪失とともに生きる―対話する死生...

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

→もっと見る

PAGE TOP ↑