*

「グリーフとの向き合い方」 一覧

虚像と実像

ブログに書くことがたくさんあって、 なかなか自分のことが書けません。 書いた方がいいのかは、分かりませんが。。 グリーフケアをやっているというと、世間様のイメージが良いようです(笑) ...

続きを見る

グリーフという言葉 vol.2

まだまだ続くといったのに、一向に書けないこのテーマ。。 ブログって大変です。 書くことがたくさんあって、頭から溢れちゃうよね。 グリーフという言葉には、悲しみだけでないというところまで ...

続きを見る

カウンセリングって

あまり親しみないですよね? 緊張しますよね? 分かります。私もそう思いますから。 そんな方のために、ちょっとシュミレーション。 ご連絡は電話かメールでお願いしていますが アイ...

続きを見る

ivyの由来のこぼれ話

先日、由来を書いたら どうしてもロゴのことも書きたくなっちゃって。。 脱線かもしれないけど、すみません。 うちのロゴは、よくおほめの言葉を頂きます。 とても嬉しい♪ というのは、これを作...

続きを見る

お墓参り

あぁ、まずい。 お墓参りに行けずに、9月が終わってしまいそうです。 じぃちゃん、ごめん。気持ちだけは、偲んでおります。 日本には、お墓参りとかお彼岸とかの風習があって 海外の方からみる...

続きを見る

ちいさなあかちゃん、こんにちは!未熟児ってなあに

兄弟ケアといえば、作りたかったけど作れなかったパンフレットというか。。 違うな。心残りがあって。。 今はパンフとかあるのかなぁ? 小さい赤ちゃんがいる病棟の時に、基本は御兄弟が入れないので ...

続きを見る

カウンセリングのタイミング

よく周囲の方から、こんなことを聞かれます。 「大切な方をなくして、どのくらいしたらカウンセリングにいくのがよいでしょう?」 という質問です。 グリーフはとてもデリケートな問題です。 こ...

続きを見る

今、グリーフに陥っている方へ

グリーフは単なる悲しみだけでなく、 いろいろな感情が湧きおこり。。 苦しみ、こころの痛みなどの反応を示す言葉です。 グリーフに陥った方は、あまりの反応または経験のない苦しみに、 「私はおか...

続きを見る

おそらのリビーへ~本の紹介

グリーフケアの中の大切なひとつに、御兄弟へのケアがあります。 例えば、小さい赤ちゃんをなくされたおうちのお兄ちゃん、お姉ちゃん。 幼稚園くらいだったりすると、まだ赤ちゃんがいなくなったことがよ...

続きを見る

グリーフケアとの出会い2

実は、いつこの言葉を知ったのか忘れてしまっていたりするのですが。。 きっと、SIDS(乳幼児突然死症候群)の世界学会が日本で開催されたときだったかもしれない。 う~ん。。探したけど、資料がない...

続きを見る

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑