*

言葉が光になるのなら。

Pocket

このところ書いているのは、
闇とか光の区別はないんじゃないかなということ。

ある事象や気持ちによいこと・だめなことと、
自分が決めてしまうだけで。

 

心の闇ってどこ?

 

私の中では、もうまだらなイメージです。

 

 

気持ちに関していえば、
感情って湧いてくるものです。

これはいいとか、悪いって区別して、
湧きあがってくるのではないです。

今の自分に必要で、なにかを表している。
だから全て大事だと思うのです。

 

 

感情は湧いてくるもの。

 

 

いつの間にか私たちは大人になるにつれ、
どこか制限をかけたり、規定を作ったのかもね。

 

それで必要以上の苦しみを背負っていく。

 

 

大切な人を失ったときにも、
この回路が発動していることがあります。

だからグリーフをケアする道程は長い。
自分で作った迷露はとても複雑です。

 

向き合っていくことが大事なのだとは思います。

 

 

でも、とてもしんどいから。

私もずっと切なかったから。

 

 

もし言葉が光になるのなら、
こうして紡いでいこうかと思っています。

 

 

“あとがき”脱稿しました。

喪失とともに生きる―対話する死生学
あとがきにも書いたのですが・・
ともに歩む仲間は近しい人だけでもないと思うのです。

 

出逢い、わずかな言葉を交わした相手だったり。

街で流れてきて耳にした音楽や、
ふと手にとった書籍の一行の文章かもしれない。

絵画や踊りのような芸術もあり得るね。

 

 

私は芸術関係は未だ不得手で、
文章も得意でもないのですが。

 

私の言葉がもし誰かの光に今だけでもなるのなら、
その方が自分の中に在る光に手を伸ばすときまで・・

私が言葉を紡ぐ意味はあるかと思う。

 

 

それを伝えてくださる方もいらして、
私はその気持ちも受け取ろうと思います。

だって、
その方々の言葉は私に光を注ぐから。

なまじっか、間違いでもないと思うの。

 

 

今出来ることはこうして、
誰かへの未来へエールを送ること。

言葉が今の光になるなら、
とても嬉しく思います。

 

 

いつも読んでくださるあなたへ。
本当にどうもありがとうございます。

いつかどこかでまたお会いできますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

新着記事

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

→もっと見る

PAGE TOP ↑