*

「御家族から教えて頂いたこと」 一覧

弔いの文化

弔いの文化がある、 と聞いて思い浮かぶのはお葬式と四十九日かと。 そして少し遠い感覚があるのかなと思うの。   なんというか、 特別な出来事というような距離感。 ...

続きを見る

見守りという世界観

大切な人をなくした後、 関係性はその後も継続していきます。 それは立場や愛着関係というものだけでなく、 「見守ってくれている」という感覚です。   この感覚を持たれる方...

続きを見る

信じることから始まること。

大切な人をなくすと、 いろんなことが信じられなくなったりもする。   だって、 続くと思っていた今がなかったり。 ずっと一緒、 それは叶わないことがあると知ったから。...

続きを見る

伸びる蔦のように。

ivyは蔦の一種です。 “アイビー”と読みます。   ivyの由来のこぼれ話   いらっしゃる方のきっかけは様々ですが、 このところはご紹介が半数以上と...

続きを見る

点が線に重なる。

ひとつひとつのことが繋がっていく、 点を線にという表現ははよく聞く言葉ですね。 前に私も書いているかな。   スティーブ・ジョブズぅぅ。。   この...

続きを見る

旭くん光のプロジェクト

今「くじらぐも」という演奏を聞きながら、 この記事を書いています。 この曲は加藤旭くんが、 小学校1年生のときに作曲した作品です。   流れるようなメロディから、 音...

続きを見る

ニュースエブリー静岡版

これまでも虐待防止啓発のチャリティでは、 テレビにも扱って頂いているのですが・・ 今回は少し切り口が違い、 私を通して❝ひとりひとりが出来ること❞ を伝えて頂きました。 以前取材してくだ...

続きを見る

虹色レター

先日登壇した、 2017年10月28日 小児脳幹部グリオーマシンポジウムで お伝えした内容が終わります。 その最終回として、 今日は虹色レターを紹介させてください。   ...

続きを見る

ともにいのちと。

この記事は、 2017年10月28日 小児脳幹部グリオーマシンポジウム でお伝えした内容を1週間かけてまとめた最後のひとつです。   今日までの一週間綴った中で、 以前書い...

続きを見る

真の共感ってどこ?

共感って、 日常で使われる言葉ですね。 今日はこれをご一緒に。     以前からもいくつか質問していますね。 何があったら共感してもらった、 そう...

続きを見る

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑