グリーフブック | グリーフケアとはなんでしょう

*

「グリーフブック」 一覧

センス入門~本の紹介

本屋さんで帯を見て、 “仕事も人生も、ある程度先へ行くにはセンスが必要だ” こんなコピーについ手に取ってしまいました。 企業さんの研修のスライドを作っていたこのとこ、 そんなことも頭の隅に...

続きを見る

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   いのちを紐解くと、 人は受け取れると信じているので大賛成。 教育学者の大田堯先生の新刊です。   ...

続きを見る

Wonder ワンダー~本の紹介

グリーフと向き合う方に、 時々書籍を御紹介しています。 人生の喪失と出逢いのひとつには、 本も入ると思っていて。   書籍とか言葉には、 優しく寄り添う力も呼び起こす...

続きを見る

色の魔法~本の紹介

松瀬千秋さんは清水のご出身、 私は先日偶然作品を目にしたのです。   作品の美しさは当然ながら、 その世界観がとても素敵☆     早速...

続きを見る

ネガティブ・ケイパビリティ~本の紹介

先日知った言葉でですね、 嬉しくてこの本も即買いました。 この本は2017年に刊行されていて、 ちょうど1年前なんですね。 こういう分野の本が、 やっとキタかーって感じですね。 &...

続きを見る

私達の先生は子どもたち!~本の紹介

こどもっていいなぁ、 なんて思う大人は多いのかな? 素直で、楽しめて・・ なんといっても可愛らしく感じるもの。 しかし・・ 御自身がこどもだったとき、 思いだしてみるといかがでした...

続きを見る

家族ってなんだろう~本の紹介

家族ってなんだろう、 と習ったことはあるだろうか・・ 親になった人はどう伝えるのだろう。   私は、あるときまで思い付きもしなかったなぁ。 あるときというのは、 ...

続きを見る

甘えの構造~本の紹介

不朽の名作といわれる本を、 実はまだ読んでおりませんでした。 喪失とともに生きる―対話する死生学の 第1章のコメントでも、 引用もされていますね。 やっと重い腰を上げ、 読みだした...

続きを見る

心に太陽を持て~本の紹介

タイトルがいいですね。   心に太陽を持て (新潮文庫)は、 1935年に出版されました。 時代を超えて、 文章を通して勇気がでる話を伝えています。  ...

続きを見る

愛ってなんだろう~本の紹介

大切な人をなくすという、 人生の岐路は誰しも向き合うもの。 それは何故か・・ 人は死ぬからという理由だけでなく。 私はそこに愛があるからと思います。   前置きが...

続きを見る

2018年9月 MYジャンクション

お知らせをすっかり忘れていた8月で、 反省しながらの記事の更新です。...

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑