*

「グリーフケア」 一覧

心に太陽を持て~本の紹介

タイトルがいいですね。   心に太陽を持て (新潮文庫)は、 1935年に出版されました。 時代を超えて、 文章を通して勇気がでる話を伝えています。  ...

続きを見る

豊かな眼差しを。

以前も書きましたが、 ivyには時々お便りが届きます。 書籍やメルマガで御縁を頂いた方、 毎日のブログを読んでくださる方など。   メルマガのお返事ありがとね。 ...

続きを見る

ご褒美は結果でなく。

自分が駄目だから・・ 毎日誰かの口から聞いている。 いつから私達はその理由を選んだだろう。   いや、選ばざるを得なかったのだろう。 ❝~ざるを得ない❞は、 やむをえ...

続きを見る

希望だけ押しのその先へ。

二元論のその先としようとして、 タイトルを変えてみました。 希望自体に難があるのではありません。   人は希望を持てる生き物です。 ただ希望だけを押されると、 全...

続きを見る

自分のトリセツ

ずっと前に書こうとしたら、 可愛らしい歌が流行り・・ あまりの可愛らしさに書きづらくなったのね。 ここからまた考える人がいるだろうから、 改めて扱ってみようと。   ...

続きを見る

対話の可能性に立つ。

会話、お喋り、対話、 討論、討議・・毎日どれかをしています。 これらの違いを意識して話していますか?   今週から静岡大学での授業が始まりました。 授業といっても講義で...

続きを見る

2017年度 静岡大学後期

タイトルを後期と書くか、 静岡大学講義と書くか悩みつつ。 今年も後期が始まりました。 ふぅ、楽しみと私にとっては緊張感も。   このブログから読んだ方に向けて、 何故...

続きを見る

心奪われた願いの行方

人は後悔や自責の念で、 心苦しくなることもあります。 後悔に関しては以前もいくつか・・   「後悔」と「耐える」以外の選択肢   これらは往々にして...

続きを見る

既存社会との隔たりの前で。

「現実に戻ったら、 話す人がいなかったんだよね。」   ivyにいらしている方が、 このところ数回つぶやきます。   現実というのは今生活している時間・...

続きを見る

泣くを超える想い。

いつも受け取るものがあるよ、 ってそう書きます。   そうすると、 「受け取っていると思う。 でも、まだ違うって思う。」 そんなふうに教えてくださる方がいます。 ...

続きを見る

季節の便り

大切な人がいなくなって・・ 同じ季節や思い入れのある日など、 また...

夢のまた夢

夢のまた夢って、 儚いことを意味しますね。   ...

旭くん光のプロジェクト

今「くじらぐも」という演奏を聞きながら、 この記事を書いています。 ...

飾らぬ真心で日常を。

人は皆が素直に表現出来たら、 もっと人間関係がスムーズなのではないだ...

人には訳がある。

生きているといろんなことがある・・ と私はいつも書いております。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑