*

Sound Souls

Pocket

グリーフケアと少し毛色が違って思われるから、
どうしようか迷ったりもしたのだけど。

呼応してくださる方がいて、
私も安心感をもってこちらでも書いておこうと思います。

 

それにグリーフケアとも、
本質的には近いものがあると私は思います。

 

「いかに生きるか」

 

いのちのこと、看取り、
グリーフケアに関わる中で行き当たる共通の課題があります。

生きる意味や本質に近づこうとするとき、
自分の捉え方や今の現実への世界観が大きく関わります。

 

 

そこを頭の中と心の問題でなんとかしようとして、
しんどいことは誰もが感じているのではないでしょうか?

生きづらさという言葉で表現されているかな。

 

 

カウンセリングでもセミナーでも、
心と身体は繋がっていると伝えても・・
ここをなかなか実感できないのが人間。

そこを体感できるようにならないだろうかと、
ずっと考えていました。

 

 

このSound soulsに出逢い、
私は可能性を感じたのですよ。

 

これまでと違った世界観を持ち、

違った視点に気付くということ。

新たな好きを発見したり、

本来の輝きを引き出すことが出来ます。

 

生きづらさが消えるとは言いません。

けれど・・
より自分らしく、知らない自分を知る。

自分が持つ世界観、

世界をどう観ているかが変われば・・

流れるように風に乗る。

自然な自分の姿で生きていく。

 

なにしろ私も体感しました。
最初は驚き、というのが正直なとこでしたが。

 

Sound Souls

 

私達は生きる中で様々な体験をします。

中には❝こんなはずでは・・❞
❝思うように行動できない❞
そう感じることもあるでしょう。

 

そんな体験をする度に、
本当の自分のままでいいと何度も受け取るのです。

停滞している今を動かすエネルギーとの出逢い。

 

 

サウンドソウルスとの出逢いがありました。

 

 

もう資格はこれ以上要らないなぁ、
なんて思っていた私が資格を取ろうと・・
この数年でこの感覚は珍しくて不思議。

頭の中と心の想いは身体に繋がっている・・
それを体感と実感させてくれます。

 

2017年10月Sound Soulsご感想1

2017年10月Sound Soulsご感想2

 

このSound Soulsに関しては、
他のセミナーのように毎回はお知らせをしないつもり。

facebookまたはメルマガにて、
随時お知らせします。

メルマガの登録はこちらから。

 

待ちきれないという方は、
下記からお問い合わせをどうぞ。

セミナー情報はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

喧嘩したって大事な人。

大切な人というのがivyのキーワードなのですが、 どうも誤解もあるな...

記事を読む

2019年5月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

グリーフの入門編として開催しているセミナーです。 2019年5月...

記事を読む

それは源泉ゆえ。

グリーフもインナーチャイルドも、 心の傷のような湾曲した訳をされるこ...

記事を読む

2019年6月30日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフの入門編に位置付けている講座です。 定期的と言いながら不定期...

記事を読む

心と精神との見つめ合い。

区別することってないのではないでしょうか? 特に日常ではね。 ...

記事を読む

新着記事

喧嘩したって大事な人。

大切な人というのがivyのキーワードなのですが、 どうも誤解もあるな...

記事を読む

2019年5月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

グリーフの入門編として開催しているセミナーです。 2019年5月...

記事を読む

それは源泉ゆえ。

グリーフもインナーチャイルドも、 心の傷のような湾曲した訳をされるこ...

記事を読む

2019年6月30日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフの入門編に位置付けている講座です。 定期的と言いながら不定期...

記事を読む

心と精神との見つめ合い。

区別することってないのではないでしょうか? 特に日常ではね。 ...

記事を読む

喧嘩したって大事な人。

大切な人というのがivyのキーワードなのですが、 どうも誤解もあるな...

2019年5月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

グリーフの入門編として開催しているセミナーです。 2019年5月...

それは源泉ゆえ。

グリーフもインナーチャイルドも、 心の傷のような湾曲した訳をされるこ...

2019年6月30日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフの入門編に位置付けている講座です。 定期的と言いながら不定期...

心と精神との見つめ合い。

区別することってないのではないでしょうか? 特に日常ではね。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑