*

2013年11月17日のはじめの一歩

「グリーフケア~はじめの一歩」 今日も無事終わりました。 ここに来るまでに経過は、以前のブログをご覧ください。 10月5日のはじめの一歩 11月のはじめの一歩 今日もご好評を...

続きを見る

生きる価値(私の場合)

どうして何の取り柄もないのに、健康で生まれてきたのだろう。 子供の頃から思っていました。 幼稚園の年長さんのとき、 音楽会で木琴に抜擢されて。。 いつもカスタネットとか、鈴とかだったのに。...

続きを見る

人生の役割

老いもグリーフです。 そういうと、「へぇ。。」と言われることが多いですが。 今まで出来たことが思うように出来なくなったり、 御家族からみると、そんなことが切なくなったりします。 喪失感...

続きを見る

分かっていても、グッときます。

「夏にラジオを聞きまして。。ずっとお電話しようと。。」 そうやって、お電話を頂きました。 「○年前に~を亡くしました。まだまだ落ち込んでいて。。」と。 「こういうことを考えられる機会はあ...

続きを見る

19歳の君へ~本の紹介

これも、私が大好きな本です。 若者にも是非。 なぜなら、2007年に千葉大で行われた「いのちを考える」の講演集です。   この講演は、知らなかったのですが。 総勢14名...

続きを見る

「生きる」を考える~響いてきたいのちからの言葉2013年12月7日

「生きる」を考える~響いてきたいのちからの言葉 第2回(全6回シリーズです) 『今を生きるコツ』~よりよく生きるために~ 沼野尚美先生 宝塚市民病院 チャプレン・カウンセラー 沼野先...

続きを見る

生と死の問題

若い方に「自分には、遠いので考えたことがない。」大抵、私の仕事についてはそう言われます。 私としては、不思議だったりもします。 いのちって、誰も同じく与えられたものではないでしょうか? ...

続きを見る

表裏一体

何が、表裏一体でしょう?勘のイイ方は分かりましたね。 そう、私がいうのは「生と死」です。 表裏一体なのは当たり前じゃんって思った方、もうちょっとだけ読んでね。 「死生観」とか「死生学...

続きを見る

そして、他者と生きる。

ずっと、「自己」「自分」と言う存在について書きました。 ここで、「そして。。」です。   皆様、御存じのとおり 人はひとりでは生きられません。 生命としてもそうですし、...

続きを見る

自分を認める。

このところ、書いている自己肯定とか認めるとかいうとの種は 本来は生まれた時に蒔かれ、幼児期に育っています。 これは、発達心理学等に含まれるので 私は専門家ではありませんが、 愛着関係と...

続きを見る

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑