*

2017年まとめ 闇の優しさに触れる

Pocket

グリーフケアを仕事にするということを、
改めて考えた2017年だったようにも感じます。

 

グリーフは失う前の予期悲嘆から、
直後の悼みを通り・・その人なりの抱え方まで。

おひとりおひとり人生が異なるように、
喪失との関わりも同じことはありません。

 

始まりは予期悲嘆から。

 

痛みの渦中にある方へ

 

まとめるではなく、
その時期じゃない足取りを辿る。

そこにある想いを一緒に見つめるということ。

 

 

ともに同じ時代を一緒に生きる者として、
同じように私にも課題があります。

今年はより自分の内面を見つめて、
闇の優しさに触れていきました。

 

 

そんな動きの方で、
ひと欠けらの光やそうっと吹く風に出逢います。
勢いはなくとも内面の変化はあるものです。

 

その出逢いから可能性に繋がったのは、
片面だけを中心にしないということ。
光というものの捉え方かな。

あと闇の扱い方・・
これで行動は、飛躍した気もします。

 

こんな記事に表れているかもしれません。

深い発見と繋がりがありました。

 

怒っていたのは、泣かないように。

 

Everything happens for a reason

 

 

ivyの講座という場で、
反映出来ることが増えています。

来年どこかでお目にかかれたら、
とても嬉しく思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

記事を読む

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

新着記事

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

記事を読む

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

流れ、流れても。

かつては確固たる自分が欲しかったなぁ、 なんてことをボーっと思いだし...

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑