*

願いを込めて。

Pocket

予期悲嘆という言葉をご存じですか?

 

大切な人をなくして抱えるグリーフは、
なくした後ととられがちなのですが・・

喪失を意識したときからの、
「予期悲嘆」という概念もあります。

 

予期悲嘆て少し認知されてきたのかな。
このところ、検索されているみたいです。

 

 

予期悲嘆

 

 

ただ・・

予期悲嘆の定義って明確にはありません。

 

“喪失を感じたときから”

 

現実と一致していないこともあります。

もう少し補足すると・・

例えば余命について、
ご本人が感じてなくともご家族が感じることもありますね。

 

逆もあります。
ご本人が❝もうそろそろ❞と思っても、
ご家族はなんとかまだまだ頑張って欲しいと思う。
そうすると、予期の時期とは感じていない。

 

上のふたつは余命宣告されるような疾患や、
状態のときにどちらも起こっている現象ではないでしょうか。

 

 

 

ivyにも予期悲嘆でいらっしゃる方がいます。
が、親御さんを想っての方が多いかな。

伴侶やお子様のときは、
喪失を認めたくない気持ちがあるものね。

病院のスタッフも支えてくれていると思います。

 

 

それでも生き抜く人を見つめていくという、
心の作業には様々な感情が伴うことでしょう。

 

近年は特に年齢を重ねてから、
初めて経験することになってきています。

これまでの体験の応用という訳にいきません。

 

途方に暮れてivyを訪れてくださる方も多くいます。

 

 

いのちの長さから他のために。

 

 

願いを込めて、いのちを見つめる。

自分に何ができるだろうか。

いや、側にいるしか出来ない。

そう知っても、心がざわつく。

どうにもならない。

 

そう想うとき・・

語ることが大事なんだよ。

 

私達は人生において、
正解のあるか知れないことにいくつも遭遇します。

正解って結果や行動に求めがちです。
結果は全てが思い通りにはいきません。

行動でなく、
そこに至るまでのプロセスが大事。

 

語ることで見つかるものは、
人生においてかけがえのないもの。

その糸口は心の中にある。

想いを込めた、そこを辿るんだ。

そこから残された時間に願いを込める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

神様の神様

どうにも諦めきれないのは、 死というより別れだと思うのです。 ...

記事を読む

血となり、肉となり。

私の大好きな講師の先生が、 いつも傾聴を語るときにこの言葉を使われま...

記事を読む

蔦の地図に教えられ。

名前にivy(アイビー)とつけたのは、 なぜかピンときたことがきっか...

記事を読む

ただ感じる、そのままに。

生きてる意味とか、使命だって、 見つけなきゃいけないみたいな気がして...

記事を読む

質問の受け取り方

質問にもいくつか種類というか、 受け取り方があるなぁと思ったここ数日...

記事を読む

新着記事

神様の神様

どうにも諦めきれないのは、 死というより別れだと思うのです。 ...

記事を読む

今を一緒に。

人生は人それぞれ、 起こる出来事も想いも固有のものです。 これ...

記事を読む

謝られ上手になろう。

謝れるのは得意ですか? 人に謝られたときの受け答え方、 受け止...

記事を読む

嫌いにある情報量ときたら。

人と話していて興味深いのは、 好きなことより嫌いについて饒舌なこと。...

記事を読む

自分を閉じ込めるもの。

好きに表現していいですよ、 と話すと驚かれますが・・ 我慢したり、...

記事を読む

神様の神様

どうにも諦めきれないのは、 死というより別れだと思うのです。 ...

今を一緒に。

人生は人それぞれ、 起こる出来事も想いも固有のものです。 これ...

謝られ上手になろう。

謝れるのは得意ですか? 人に謝られたときの受け答え方、 受け止...

嫌いにある情報量ときたら。

人と話していて興味深いのは、 好きなことより嫌いについて饒舌なこと。...

自分を閉じ込めるもの。

好きに表現していいですよ、 と話すと驚かれますが・・ 我慢したり、...

→もっと見る

PAGE TOP ↑