*

花祭りの夜に。

Pocket

4月8日は花祭り、お釈迦さまの誕生をお祝いする日。

私は信仰深くなくて、実際は何もしていなくて。。
こころの中で想うくらい。
きっとお釈迦さまは受け取ってくれるに違いないなどと思いつつ。

 

実は、お釈迦さまには聞いてみたいことがあるんですよね。

 

現実には今は不可能な希望ではあるんですが。。
とっても素朴な疑問なんです。

 

 

 

お釈迦さま、
生きる苦しみはなくならないものでしょうか?

 

 

お釈迦さまの教えてくださる、
四苦八苦に始まる生きる苦しみのことなんです。

ものの本を読むと、
それは私達が生きている限りなくならないと書いてあります。

 

確かに私達人間は欲深く、我がままでもあります。
ですから、教えや戒めのようにその苦しみは必要なのかもしれません。

 

 

でも、お釈迦様がそれを❝苦しみ❞と表現すると。。
❝苦しみ❞という定義になってしまって。

しかも、凡人の私達にはその枠にまた捉われてしまいます。

 

 

今、現世で聞くお釈迦さまのお言葉は。。
本来仰った意味と同じ言葉が使われているでしょうか。

長い時間と多くの人を経て、
言葉という便利かもしれない枠をもって、
誤解が生じているのかもしれない。

 

人間が言葉にしたら、苦しみだけど。。
大きな宇宙では違う言葉なのではないだろうか。

 

そんなことを感じて、
いつか一度お話してみたいなどと思ったりして。

 

 

でも私の魂はまだまだあと数回は巡りそうな予感がするので、
お会いできるのは数百年後になりそうです。

こんなことをくたくたと思いながら、
これからも魂の旅をしていくのでしょう。。それもまたよし。

そんな夢を花祭りの夜にくゆらせたりする春です。

 

でもお誕生日が花祭りって素敵なネーミングなのは羨ましい。

日本という国では、
この時期は桜という花がとても綺麗に美しく咲いています。
そちらからも見えますか?

いつかのずっと先、
お会い出来たらとても嬉しいと思っています。

TS3U1405

TS3U1405

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

まなざしと対話から。

生まれるもの、創りだすもの。 そこに存在する要素はなんだろう。 ...

記事を読む

自分ゆえの人生に。

人生は人それぞれに異なります。 その中には喪失というテーマにも、...

記事を読む

繋がらなくても、大丈夫。

先日来られた方が、 またひとつ教えてくださったこと。 &nbs...

記事を読む

神様の神様

どうにも諦めきれないのは、 死というより別れだと思うのです。 ...

記事を読む

今を一緒に。

人生は人それぞれ、 起こる出来事も想いも固有のものです。 これ...

記事を読む

新着記事

まなざしと対話から。

生まれるもの、創りだすもの。 そこに存在する要素はなんだろう。 ...

記事を読む

自分ゆえの人生に。

人生は人それぞれに異なります。 その中には喪失というテーマにも、...

記事を読む

繋がらなくても、大丈夫。

先日来られた方が、 またひとつ教えてくださったこと。 &nbs...

記事を読む

神様の神様

どうにも諦めきれないのは、 死というより別れだと思うのです。 ...

記事を読む

今を一緒に。

人生は人それぞれ、 起こる出来事も想いも固有のものです。 これ...

記事を読む

まなざしと対話から。

生まれるもの、創りだすもの。 そこに存在する要素はなんだろう。 ...

自分ゆえの人生に。

人生は人それぞれに異なります。 その中には喪失というテーマにも、...

繋がらなくても、大丈夫。

先日来られた方が、 またひとつ教えてくださったこと。 &nbs...

神様の神様

どうにも諦めきれないのは、 死というより別れだと思うのです。 ...

今を一緒に。

人生は人それぞれ、 起こる出来事も想いも固有のものです。 これ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑