*

泣くを超える想い。

Pocket

いつも受け取るものがあるよ、
ってそう書きます。

 

そうすると、
「受け取っていると思う。
でも、まだ違うって思う。」

そんなふうに教えてくださる方がいます。

 

 

何故出逢い、別れ、
いかにともに生きるのか。

 

様々な感情が胸をよぎっていきますね。

 

 

ひとりで涙しなくていいの。

 

 

一緒に過ごした感謝とか、
あの人への賛辞とか尊敬とか。

それだけで語り尽くせないでしょう。

 

涙さえ慈しむようになった頃、
また受け取るものがあるのだと思うの。

 

 

愛ってなんだろう~本の紹介

 

 

人が語るナラティブには、
そこに泣くを超える想いがある。

 

 

語り直しの意味は・・

 

 

いっぱい涙がでるのは、心が動くから。

本気で心を動かすのはエネルギーがいる。

 

泣くを超える・・

その先をこころは知っているのかも。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

初めてのお正月

初めてのといっても、 お使い的な意味の初めてではありません。 ...

記事を読む

一年、十年・・

もう1年経ったのに・・ そんな言葉を紡がれる方もいらっしゃいます。 ...

記事を読む

守秘義務のこと。

そういえば、 これまで特段書いたことなかったのです。 聞かれた...

記事を読む

難しい?

大切な人をなくすこと、 生きること・死に逝くことなどを話すとき・・ ...

記事を読む

誰にでもある“あの日”

生まれてから今日まで、 誰にでもどこかに“あの日”があるだろう。 ...

記事を読む

新着記事

2017年12月 Sound Souls 御感想

Sound Soulsに関しては、 いくつか御感想をUPしております...

記事を読む

翼に風を。

目に見えないけど、 人にも翼のようなものがあるのかもしれない。 ...

記事を読む

初めてのお正月

初めてのといっても、 お使い的な意味の初めてではありません。 ...

記事を読む

一年、十年・・

もう1年経ったのに・・ そんな言葉を紡がれる方もいらっしゃいます。 ...

記事を読む

そこに、生きるが・・

難しいと言われる話を書きました。 かと言って、 簡単にもされた...

記事を読む

2017年12月 Sound Souls 御感想

Sound Soulsに関しては、 いくつか御感想をUPしております...

翼に風を。

目に見えないけど、 人にも翼のようなものがあるのかもしれない。 ...

初めてのお正月

初めてのといっても、 お使い的な意味の初めてではありません。 ...

一年、十年・・

もう1年経ったのに・・ そんな言葉を紡がれる方もいらっしゃいます。 ...

そこに、生きるが・・

難しいと言われる話を書きました。 かと言って、 簡単にもされた...

→もっと見る

PAGE TOP ↑