始まりは自分。 | グリーフケアとはなんでしょう

*

始まりは自分。

Pocket

ものごとの因果関係がどこにあるかは、
なかなか複雑であるのですが・・

自分の目の前の事象を結果と捉えるか、
自分の捉え方をどうとるかではまるで異なる。

 

事象自体は変えられることは少ない。

それは自分だけで成り立っていないし、
幾人かの人が関わっていれば事情も絡む。

特に私が見つめているような、
喪失や死のように避けられないものでは尚更だ。

 

それでも事象をどう捉えるか、
この始まりは誰でも自分の胸のうちにある。

 

 

自分の視界、
自らが持つ概念、
そこから生まれる言葉から・・
全て生まれてきているということ。

 

 

ネガティブとか、ポジティブとか、
そういうことを言いたいのではない。

自分の見たこと、感じたことを、
どれだけそのまま捉えられているか。

もしくは掛けているフィルターに気付くか。

 

透明なフィルター

 

私たちはこれを学びながら生きる。

自らの学びもあるし、
ときに出逢った人から学ぶ。

 

神様からの派遣

 

数年前に書いた上の記事も、
“始まりは自分”に他ならない。

 

こんなふうに世界を捉えると、
自分の世界はまるで違ってみえてくる。

そうしなきゃいけないのではなく、
自分がどう生きたいか自分の源泉に問うてみる。

 

いのちの表現をしながら生きていく。

そのとき、自分の中に始まりがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

記事を読む

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

記事を読む

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

記事を読む

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

記事を読む

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

記事を読む

新着記事

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

記事を読む

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

記事を読む

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

記事を読む

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

記事を読む

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

記事を読む

あっちとこっち、どちらも大事。

今年もお盆が過ぎていこうとしています。 暑さとどしゃぶりの中、 ご...

それぞれの理由

人にはそれぞれの理由があって・・ ここを正しいとか、 いいか悪いか...

自分の小さな「箱」から脱出する方法~本の紹介

ずっーと前に買ってから積読の山に置いてあった。 らく速(速読のひ...

こころの不自由さを育てる。

身動きとれないように感じる心。 こんなときは何に縛られているのか、 ...

過去が自分を創る。

こないだ過去のことを語る人が、 “そればっか言っていても・・先見てい...

→もっと見る

PAGE TOP ↑