*

唯一無二

Pocket

唯一無二
ただ一つだけあって二つとない・こと(さま)
ーデジタル大辞泉より引用

 

自分は唯一無二の存在であって、
その人生も同じくである。

この疑いもない事実を、
いつから私達は大多数に紛らせるようになっただろう。

 

小さな頃の悲しい想い出からだろうか、
それとも平均を求められた教育からだろうか。
大人になってからの胸の痛みゆえだろうか。

いずれにしても、
そこに痛みが伴っていたことは確かだろう。

今でさえも。

 

自分が自分でいてはいけないような、
主張したら全てが壊れそうな・・
そんな怖さが自分を止めていく。

 

それに気が付いてからも・・
駆動するエンジンの在りかが、
もう分からなくなっている自分に気付くだろう。

 

 

どう在りたいか。

 

倚りかからず~本の紹介

 

 

どう生きたいか?
そのための選択を今この瞬間しているか。

 

心が叫んでいる違和感をいつ受け取るのか。

大事よ、
それはいのちが叫んでいる言葉だから。

 

 

唯一無二の自分として、
いのちを全うしようとする。

そこに覚悟をしようと心に頷くか。

 

こわごわとでも頷いてみるとき・・

自分のいのちを生き切るという、
自ら溢れる愛情で育んでいくことが出来る。

 

そこには祝福が生まれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

新着記事

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

→もっと見る

PAGE TOP ↑