*

仕事ってなんだろう~本の紹介

Pocket

先週お金のテーマを書いていて・・
そうすると仕事もついてきますね。

とかく私達は仕事の本質的なことを習うことなく、
“働かなきゃ大人になれないよ”なんてのを真に受けて早数十年・・
いや、今でも怖いと感じていたりする。

 

 

お金のいらない国~本の紹介

 

仕事への階段

 

 

職業じゃなくて仕事ね。

自分の役割とか位置とかを、
仕事で決めていたりしますね。
(いい仕事ですね~とか、どの仕事も大事よ。)

どうしてかといえば、
何かの判断基準が人にはあるのでしょう。
役にたっているかが判断基準だったり、
あとは収入とか・・

あれ?・・
大人になると何やりたいかは何番目になるのかな。

こどもの頃のようにやりたい仕事、
ここが基準じゃなくなってきているんです。

 

 

君たちはどう生きるか~本の紹介

 

 

どう生きるかを考えずに職業だけを選んだ訳です。

こうなると教育って、
なにを習ってたか分かんないですね。

 

 

仕事ってなんだろう (子どもだって哲学)
って考えたことあります?

実際大人になってから考えている人ばかり、
こどもの頃にはなかった学びのステージにきているのね。

この本は以前もご紹介している、
子どもだって哲学シリーズです。

よって、こどもでも読めます。
是非、お子様とでも考えてみてください。

 

 

この本の中で五味太郎さんが、
「子どもだって哲学って変、子どもはいつだって哲学さ。
だから大人だってたまには哲学しなくちゃ、なのさ。」
と書いておられます。

選べる仕事はひとつです。
最近はふたつだったり、変わることも出来るけど。

それでも今出来る仕事はひとつです。

 

 

自分がやりたいこと、どんな仕事ですか?

いのちの時間を費やすのです。
そして、未来への贈り物なのです。

この表紙もとても愛らしいの、是非お手元に。

読み飽きない一冊です。

仕事ってなんだろう (子どもだって哲学)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼LINE友だち追加▼

LINE友達追加

※メルマガが廃止となり、LINE@へ移行致しました。


関連記事

看取る命と見送るいのち

思えば看護師としての出逢いが、 私の人生では一番多いのです。 職種...

記事を読む

新しい感受性

毎日新しい感受性を育てているのだろう。 そんなふうに思えるようになっ...

記事を読む

Fightの中身

日本語では応援の言葉に使いますが、 元々は戦うという意味ですね。 ...

記事を読む

心の中の住人

最近いい体験をしてまして・・ 看護師のバイト先を冬から変えたのです。...

記事を読む

人生のミカタ

人生のミカタでいたいなと思います。 正確に言うと人生の味方だと大きく...

記事を読む

新着記事

看取る命と見送るいのち

思えば看護師としての出逢いが、 私の人生では一番多いのです。 職種...

記事を読む

新しい感受性

毎日新しい感受性を育てているのだろう。 そんなふうに思えるようになっ...

記事を読む

Fightの中身

日本語では応援の言葉に使いますが、 元々は戦うという意味ですね。 ...

記事を読む

心の中の住人

最近いい体験をしてまして・・ 看護師のバイト先を冬から変えたのです。...

記事を読む

人生のミカタ

人生のミカタでいたいなと思います。 正確に言うと人生の味方だと大きく...

記事を読む

看取る命と見送るいのち

思えば看護師としての出逢いが、 私の人生では一番多いのです。 職種...

新しい感受性

毎日新しい感受性を育てているのだろう。 そんなふうに思えるようになっ...

Fightの中身

日本語では応援の言葉に使いますが、 元々は戦うという意味ですね。 ...

心の中の住人

最近いい体験をしてまして・・ 看護師のバイト先を冬から変えたのです。...

人生のミカタ

人生のミカタでいたいなと思います。 正確に言うと人生の味方だと大きく...

→もっと見る

PAGE TOP ↑