*

スタッフのセルフケア

Pocket

生きる現場のスタッフのセルフケアは課題、
何故ならば現場は目くるめく忙しい。
身体はくたくた・・気持ちは置いてけぼり・・
そんな現実が毎日だからだ。

 

でも誰にとっても、
医療や介護現場のスタッフは優しいといいですよね。
決して優しくないのではないけど、
心を痛めたまま働くのはなくしたいね。

 

 

優しさの芽

 

 

さて情報解禁してもいいらしく、
「利用者の死にショックを受けた職員へのグリーフケア」
というタイトルで原稿を書かせて頂きました。

 

実際の原稿はここには出せませんが、こんな感じです。

というのを編集さんに送ったメールから・・

 

 

骨子を考えてみました。
が、職員へ誰がケアするのか・・という焦点もあります。

セルフケアという点にフォーカスを当てるのはどうかと思いました。

以下、ご検討ください。

1、はじめに スタッフの声なき声

2、グリーフとは(愛着反応含む)

3、死への恐怖

4、反応のいろいろ

5、感情を受けとめる 自分のニーズに気付く

6、話の聞き方 スタッフ同士の関わり方

7、セルフケアの重要性と誤解

8、専門的ケアが必要なとき

9、まとめ 看取りの種を育てる

おおよそこのような流れになるかと思います。

隠れた目的としては、
現場が好きな人の情熱をバーンアウトさせないこと。

仕事が継続出来ること、離職防止、
想いから仕事が出来る人の人材育成。

こんな想いが伝わればいいなと考えました。

 

提案して、ではこの方向で・・

ということで書いた原稿です。

 

 

季刊誌 認知症ケア

 

 

決して病院や介護施設に関連するだけでなく、
私達もいつかお別れするときは誰かにお世話になります。

昔のように長い期間をひとつのところで看取らない、
元気なときからを知らない人が看取る時代・・
ご家族との関わりも濃くはなりづらくなりました。

そんな視点からも関心を持ってくださるといいな。

 

 

ここからの看取りの形は?

 

 

ニーズが利用する人からもあれば、
研修など実施する施設が増えると思うの。

現場で働くスタッフの方が優しさを存分に伝えていけますように。

 

 

2019年9月14日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフカウンセリングivyのHPはこちらから

acworksさんによる写真ACからの写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


▼LINE友だち追加▼

LINE友達追加

※メルマガが廃止となり、LINE@へ移行致しました。


関連記事

ギリギリの線にあるもの。

人の基準って、それぞれなんですが・・ 気になるのはギリギリの線辺りだ...

記事を読む

みんなって、だぁれ?

みんな、みんなが大好き。 仲間外れにもなりたくないし、 自分だ...

記事を読む

新しい世界で。

新しい世界というキーワードは、 これまでもあったのかもしれません。 ...

記事を読む

世界はひとつ☆

今回実感していることは、 世界はひとつなんだなぁということ。 ...

記事を読む

俺か、俺じゃないか・・

「俺か、俺じゃないか」 って名言?ですよね。 選択肢のようで断言さ...

記事を読む

新着記事

願いで繋がる。

世の中に繋がりはいっぱいあれど、 欲しい繋がりに辿り着いていますか?...

記事を読む

2020年7月26日 インナーチャイルドWS

今年は不思議な年で・・ 年2回ペースが特別追加開催となりました。 ...

記事を読む

2020年6月 インナーチャイルドWS ご感想

こちらも恒例のワークショップ、 年2回のペースで7年目となりました。...

記事を読む

ギリギリの線にあるもの。

人の基準って、それぞれなんですが・・ 気になるのはギリギリの線辺りだ...

記事を読む

みんなって、だぁれ?

みんな、みんなが大好き。 仲間外れにもなりたくないし、 自分だ...

記事を読む

願いで繋がる。

世の中に繋がりはいっぱいあれど、 欲しい繋がりに辿り着いていますか?...

2020年7月26日 インナーチャイルドWS

今年は不思議な年で・・ 年2回ペースが特別追加開催となりました。 ...

2020年6月 インナーチャイルドWS ご感想

こちらも恒例のワークショップ、 年2回のペースで7年目となりました。...

ギリギリの線にあるもの。

人の基準って、それぞれなんですが・・ 気になるのはギリギリの線辺りだ...

みんなって、だぁれ?

みんな、みんなが大好き。 仲間外れにもなりたくないし、 自分だ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑