*

そのこらしく、あなたらしく

Pocket

~いま伝えたい大切なこと。。コラムのタイトルです。

いいタイトルでしょう。
というのは、私だけで決めたのではないからなのです。

 

mikanは、静岡県内で配布されているこども情報誌です。
読んで頂く方は、20代から40代のパパ・ママさん。
そして、おじい様・おばあ様が対象です。

 

編集長さんからは、グリーフのことを書いて下さいと
言って頂き、私としてはとても嬉しく思いました。

ただ、お子様を持つ方にも少しヒントになることを
お伝えできたらいいなと思い
グリーフはこどもも抱えるのだということや
成長過程で大切なことをお伝えしていくつもりです。
普段はあまり書いていない切り口かもしれません。
それを踏まえた上で、タイトルを考えました。

 

編集長さんが
「浅原さんの文章には、“そのままでいいよ”って
メッセージがありますよね。“そのままで”はどうですか?」
と提案を頂きました。

 

確かに、そのままでいいですよという気持ちで書いていますが、
グリーフを抱えると、そのままが苦しいからもがくときがあります。

そのままでって。

↑ こう考えたりするので、
もう半歩先を伝えたタイトルにしたいと、お願いをしたのです。

 

 

そして、サブタイトルは実は一年以上前に
「生きる」を考えるのサブタイトルの候補に、
言葉の柔らかなoさんから頂いていたものでした。
とても気に入っていて、いつか使わせて頂こうと。。

 

今回、満を持して?使わせて頂きました。
いいタイミングで、お気持ちを活かさせて頂けたと自己満足。

今回のタイトルには、こんなエピソードがあります。
mikan40号から45号までの、6回に私のコラムが掲載されます。
あなたにも読んで頂けると、嬉しく思います。
一生懸命、書いてます(笑)

TS3U0263

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

新着記事

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

→もっと見る

PAGE TOP ↑