*

あとは、怒りと赦し。

Pocket

今は毎日書いているivyのブログ、
一応私にも見通しがあって。

 

スイッチはどこへ?

 

この記事にも書いたように、
いろいろな方が読めるものがあるようにと考えています。

 

あとは何よりそこからの成長、
受け取ったことが実感できるまでの道のりです。

お勉強的にいうと、意味再構成です。

 

そこまでお伝えするには、
下準備が要ると考えています。

 

グリーフという大切な人をなくす前からその後に起こる反応や、
それにまつわる様々な出来事、知識など。

これらは最初の方の記事か、サイト内検索してね。

グリーフとか向き合い方などで検索できると思います。

こんなこと知りたいというものがあれば、
HPのフォームからお問い合わせください。

 

 

 

で、まだ書いていないこと。

それは怒りと赦しというテーマです。

 

怒りはある程度下地を積み重ねないと、
伝わるような説明が私にはまだできないと思っていて。

赦しはもっとそうですね。

デリケートなところです。

 

これらは・・
人の痛みや尊厳に関わっているからです。
優しさを纏って迎合するなら、
相手を責める気持ちに共感とかならいつでも書けます。

 

 

でも私の役目は違うでしょ。

 

ご自身の心の痛みを見つめていく。

 

これを分かりやすくどう伝えるか、そんなことを考えながら。

正直難しいなぁという逃げの気持ちもあったりして。

 

それでもグリーフを学び、自分のケアをしたら見えてくるものがあります。

2017年からはこちらも織り交ぜていこうと思っています。

 

あー、とうとう書くと言ってしまった。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

記事を読む

新着記事

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑