*

「インナーチャイルド」 一覧

まだ見ぬ心を咲かせる。

人の心って果てしないです。 でも自分になるとちっちゃいなぁと思うね。 これは間違いなく感じるときあるね。 どうしてかっていうとね・・ 小さい心なんかじゃなくてね、 まだ見ぬ想いがいっぱい...

続きを見る

生まれ変わるような感覚

新しい自分は全く別の自分ではないこと。 はじめの一歩では再構成についてもお話しますが、 ここから気付かれる方も多いですね。   2019年6月30日 グリーフケア~はじめ...

続きを見る

身体は知っている。

人は自分のことを知っている、 よくそう話しているのです。 それにはふたつ重要なことがあります。 ひとつは感覚が重要になってきます。 あとは、自分が持っている前提とか・・ &n...

続きを見る

ユーモアとジョークは別

人が笑うことと、人を笑うことは別のこと。 グリーフの世界でもユーモアは大事に扱われる。     よく生き よく笑い よき死と出会う~本の紹介 デーケン...

続きを見る

誰も、彼も。

誰も、彼も生きる痛みを抱えて生きる。 人は・・時々忘れてしまうのかな?   お互い様で、お陰様。 あとこれも。 どういたしまして。   &nb...

続きを見る

自分だからの理由

自分らしいって、 何となく定着した言葉に感じます。 何となくっていうのは・・ 自分というものが分からないままだから。   到達点も知らず、 まだ実感とかがないままに、...

続きを見る

2019年6月2日 インナーチャイルド・ワークショップご感想

じぶんに気付く、心に触れる・・ 毎日しているようで、実は逃している感覚。 あと気付いているけど、まだ使えていない感覚。 私達は変化球で受け取っていたりします。   &n...

続きを見る

素直に、正直に。

誰にも言えない気持ち、 誰にでもあるのに言えない気持ち。 誰にでもあると思えなくて言えない気持ち。   ivyではそんなお話がいっぱいあってね、 実はどの感覚もあるので...

続きを見る

ピンクと和解~名言の紹介

“ピンクと和解”はジェーン・スーさんの名言、 だと私は思っている。 このタイトルで思わずクリックした方も感じるであろうに、 ピンクにはそこはかとなく感じる何かがある。   ...

続きを見る

不安ってどんなこと?

不安って生きる上でつきものなのか、 と思っていた時期がありました。 でも不安が何かなんて考えたことがなくて、 それで向き合おうとしてたから大変だったのね。 つきものが振り回されるだけの、 ...

続きを見る

看取る命と見送るいのち

思えば看護師としての出逢いが、 私の人生では一番多いのです。 職種...

新しい感受性

毎日新しい感受性を育てているのだろう。 そんなふうに思えるようになっ...

Fightの中身

日本語では応援の言葉に使いますが、 元々は戦うという意味ですね。 ...

心の中の住人

最近いい体験をしてまして・・ 看護師のバイト先を冬から変えたのです。...

人生のミカタ

人生のミカタでいたいなと思います。 正確に言うと人生の味方だと大きく...

→もっと見る

PAGE TOP ↑