*

「繋ぐ・繋がる」 一覧

形にすること、場を与えること。

感情は目に見えず、この苦しさが何かになればと願うけど。 その確約は誰もしてくれない。   この想いが、いつか誰かの何かになるだろうか?   もしかしたら、...

続きを見る

2.5人称の視点

先日、書いた三人称の視点という柳田邦男先生のお話しの続きは 三人称の視点 ケアする人は、2.5人称の視点を持ちましょうというものです。 情愛のある二人称と、 冷静な判断のための三人称の...

続きを見る

オレンジリボン

ご存知ですか?このマークには、こんな意味が込められています。 2004年、栃木県小山市で 3歳と4歳になる二人の可愛らしい兄弟が 父親の友人から再三にわたって暴行を受け、 息も絶え絶えの状...

続きを見る

悲しみに寄り添う~本の紹介

正確なタイトルは、「死別と悲哀の心理学 ❝悲しみに寄り添う❞」 です。 今、これをダッシュで読み進めているのです。   何故か。。 著者のケルスティン・ラマー氏が来日される...

続きを見る

一日の重み

「今日が最後かもしれないって思って接すること。 本当の意味が分かった気がする。」   先週のシンクロは、この言葉でした。 最近お会いした方が、同じ言葉を何故か言うシリーズ。 ...

続きを見る

彼岸寺

インターネット寺院を御存じですか? 彼岸寺のHPには、こんな説明があります。     (以下、彼岸寺HPより引用) 一言で説明すれば、『彼岸寺』とは イ...

続きを見る

自分が反応する言葉

「ケアに関わる人が本当の“共感”を学ぶ」 昨日、てるみんのリヴオン主催のセミナーに参加してきました。   NVC(Non violent communication/非暴力コミ...

続きを見る

コラムでコラボ♪

2014年度、1年間コラムを連載させて頂くことは お知らせしました。 静岡こども情報 mi・kan   そのコーナーに、イメージフォトが必要と言われまして。。 &n...

続きを見る

200を超えました☆

ブログの記事が200を超えました。 昨日書こうとしていて、忘れておりました。   ブログを始めたのが、2013年8月の中旬でした。 いのちのかけら   ...

続きを見る

桜の季節

「桜が咲くと会いたくなる人が居ます。 先日お墓参りにいってきましたが また、ちょっぴり叱られて 励ましていただいた気がします。」 可愛い妹分から そんなメッセージが届いて、私も彼の笑顔を...

続きを見る

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

→もっと見る

PAGE TOP ↑