*

5月10日「生きる」を考える 第5回目

Pocket

「生きる」という概要から、人に寄り添うという流れで構成してきました。
最終回までの残りの2回は、現場からのメッセージです。

 

第5回は、私が敬愛する医師です。

植田育也(うえたいくや)先生、
『こどもの「命の火」が消えるとき』

 

静岡県立こども病院 小児集中治療科を率いるボスであり
日本の小児救急を引っ張っている方です。

 

 

こども病院時代にPICUというこどもの救急のICUの
立ち上げメンバーになった時からのお付き合いです。

 

静岡県の小児の救急搬送において、ヘリが飛ぶようになったのは
この先生が静岡に来てくれたからと言っても過言ではないと思う。

 

伊豆から、浜松からヘリなら20分。
車では運べない、時間が掛かり過ぎる。。
今までは搬送出来ず、いのちを失ったこどももいたと思う。

こどもを助けるために。。

“最後の砦”
植田先生は、その現場をそう表現されます。

 

ただ時に、「こどもの命の火が消えるとき」
そのとき
彼ら、医師がどんなことを感じ
考えて。。どんなふうに接しているか。
そんなお話しをお願いしています。

 

この方にお会いして、
私はそれまでのもやもやした積年の想いが晴れた日のことを
今でも忘れられない。

 

とても残念なことに、植田先生は今年度いっぱいで
静岡を離れ新たな地で、また小児救急の基盤作りをされます。

 

静岡でお話しを聞ける機会に是非いらしてください。

静岡にいても、私ももうあまりお会いできないが
ますます寂しくなるなぁ。。と。
辞めてから見ると、こういう風景も懐かしい。

yuu0046-009

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

それに気付くには。

自己の認知のことを書いたりしますが、 自分の感覚って案外気付かないも...

記事を読む

2018年 カンボジア報告会 ご感想vol.2

カンボジアへ行った報告会、 第2回目のご感想です。 1回目はこ...

記事を読む

いのちのサイン

人にはあるサインがあります。 私が言葉で伝えるとしたら、 “いのち...

記事を読む

新着記事

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

記事を読む

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

記事を読む

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

記事を読む

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

記事を読む

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

記事を読む

光陰矢の如し

年齢を重ねると1年あっという間、 密度は濃くなるのでしょうが時間は早...

グレーゾーンとの付き合い方

といっても、 脱法とかのことではありません。 世の揉め事がいい...

ドラマでも、困難でも。

看護師の夜勤で、 人生の先輩と話すのは豊かな時間です。 ひとり...

怒りは二次感情だから。

感情にはいろいろな想いがあります。 怒りもそのうちのひとつと取られが...

正しさはどこに。

世の揉め事の多くは、 どちらが正当かみたいなこと。 どちらも言い分...

→もっと見る

PAGE TOP ↑