*

5月10日「生きる」を考える 第5回目

Pocket

「生きる」という概要から、人に寄り添うという流れで構成してきました。
最終回までの残りの2回は、現場からのメッセージです。

 

第5回は、私が敬愛する医師です。

植田育也(うえたいくや)先生、
『こどもの「命の火」が消えるとき』

 

静岡県立こども病院 小児集中治療科を率いるボスであり
日本の小児救急を引っ張っている方です。

 

 

こども病院時代にPICUというこどもの救急のICUの
立ち上げメンバーになった時からのお付き合いです。

 

静岡県の小児の救急搬送において、ヘリが飛ぶようになったのは
この先生が静岡に来てくれたからと言っても過言ではないと思う。

 

伊豆から、浜松からヘリなら20分。
車では運べない、時間が掛かり過ぎる。。
今までは搬送出来ず、いのちを失ったこどももいたと思う。

こどもを助けるために。。

“最後の砦”
植田先生は、その現場をそう表現されます。

 

ただ時に、「こどもの命の火が消えるとき」
そのとき
彼ら、医師がどんなことを感じ
考えて。。どんなふうに接しているか。
そんなお話しをお願いしています。

 

この方にお会いして、
私はそれまでのもやもやした積年の想いが晴れた日のことを
今でも忘れられない。

 

とても残念なことに、植田先生は今年度いっぱいで
静岡を離れ新たな地で、また小児救急の基盤作りをされます。

 

静岡でお話しを聞ける機会に是非いらしてください。

静岡にいても、私ももうあまりお会いできないが
ますます寂しくなるなぁ。。と。
辞めてから見ると、こういう風景も懐かしい。

yuu0046-009

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

記事を読む

2018年10月 シリーズご感想

シリーズセミナー3回目は、 「聴くこと・語ること」 このテーマ...

記事を読む

2018年10月 Sound Souls ご感想

変容に勢いを感じて、 とても楽しみなセッションです。 先ず、ご...

記事を読む

不完全の自覚

人生の大きな出来事の中で、 私達は上手くいくことを願います。 ...

記事を読む

2018年10月 MYジャンクション

秋の入り口ですねぇ。 自分の人生を生きるという、 課題に行きあたっ...

記事を読む

新着記事

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

記事を読む

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

記事を読む

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

記事を読む

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

記事を読む

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。...

記事を読む

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑