*

5月10日「生きる」を考える 第5回目

Pocket

「生きる」という概要から、人に寄り添うという流れで構成してきました。
最終回までの残りの2回は、現場からのメッセージです。

 

第5回は、私が敬愛する医師です。

植田育也(うえたいくや)先生、
『こどもの「命の火」が消えるとき』

 

静岡県立こども病院 小児集中治療科を率いるボスであり
日本の小児救急を引っ張っている方です。

 

 

こども病院時代にPICUというこどもの救急のICUの
立ち上げメンバーになった時からのお付き合いです。

 

静岡県の小児の救急搬送において、ヘリが飛ぶようになったのは
この先生が静岡に来てくれたからと言っても過言ではないと思う。

 

伊豆から、浜松からヘリなら20分。
車では運べない、時間が掛かり過ぎる。。
今までは搬送出来ず、いのちを失ったこどももいたと思う。

こどもを助けるために。。

“最後の砦”
植田先生は、その現場をそう表現されます。

 

ただ時に、「こどもの命の火が消えるとき」
そのとき
彼ら、医師がどんなことを感じ
考えて。。どんなふうに接しているか。
そんなお話しをお願いしています。

 

この方にお会いして、
私はそれまでのもやもやした積年の想いが晴れた日のことを
今でも忘れられない。

 

とても残念なことに、植田先生は今年度いっぱいで
静岡を離れ新たな地で、また小児救急の基盤作りをされます。

 

静岡でお話しを聞ける機会に是非いらしてください。

静岡にいても、私ももうあまりお会いできないが
ますます寂しくなるなぁ。。と。
辞めてから見ると、こういう風景も懐かしい。

yuu0046-009

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

やっぱり、違いが好き。

借りてきたようなタイトルですみません。 それでも、このひと言に尽きる...

記事を読む

2018年5月 MYジャンクション

対話型のセミナーです。 2016年から始めています。 人って話...

記事を読む

2018年4月9日 MYジャンクション ご感想

4月はまだもう1回あるのですが、 テーマが次は違ってきそうなので・・...

記事を読む

私達のグリーフワーク

大切な人やものをなくしたとき、 起こる反応のことをグリーフといいます...

記事を読む

桜満月、見守られ。

桜の季節ですね。 季節の風物詩は想い出が多いものです。 大切な...

記事を読む

新着記事

囚われで守るものは?

しんどいときって、 何かに囚われていることがあります。 概念と...

記事を読む

人に育てられ。

私達は人に育てられている。 この言葉自体はよく使われている。 ...

記事を読む

ないの裏

とかく“ない”に囚われがちです。 時間がない。 余裕がない。 ...

記事を読む

居続ける、自分らしさに。

嫌なことや困ったこと、 (正確にはそう設定したこと) 解決や対処法...

記事を読む

やっぱり、違いが好き。

借りてきたようなタイトルですみません。 それでも、このひと言に尽きる...

記事を読む

囚われで守るものは?

しんどいときって、 何かに囚われていることがあります。 概念と...

人に育てられ。

私達は人に育てられている。 この言葉自体はよく使われている。 ...

ないの裏

とかく“ない”に囚われがちです。 時間がない。 余裕がない。 ...

居続ける、自分らしさに。

嫌なことや困ったこと、 (正確にはそう設定したこと) 解決や対処法...

やっぱり、違いが好き。

借りてきたようなタイトルですみません。 それでも、このひと言に尽きる...

→もっと見る

PAGE TOP ↑