*

2017年12月22日 インナーチャイルド・ワークショップ御感想

Pocket

インナーチャイルド・ワークショップは、
ねんどセラピーで小さな自分を創ります。
岩崎慎一さんをお迎えして、
年に1~2回の定例となりましたね。

 

2017年12月22日 MYジャンクション~インナーチャイルド

 

このお人形は不思議なんですよ。

 

今回のご感想にもあるのですが、
自分の奥の自分が伝えてくれます。
というか、そんなメッセージを感じます。

 

 

ここに私のテーマがあります。

数年感じていることは、
人は本当は知っているのだろうということ。

 

ただ、それを目に見える形で現すとなると・・
科学やデーターではまだまだなのかなと。
そこでインナーチャイルドやSound Souls、
というそれを示してくれるものに私は出逢い、
信じていくことを教えて頂いている気がします。

 

 

以下、御感想です。

30代 女性

とても楽しみにしていたので、この色を使って、こんな髪型で・・・
と構想を練ってきたのに、出来上がったものは全然違いました。
この子が全身で何かをアピールしているみたいな、
見てるとおもしろいです♡かわいい。
自分の照れくさい部分があらわになった感じです。
大事にしていこうと思いました。

今日も気持ちがhappyになる講座をありがとうございました!!!
自分の意外な一面を・・・というか眠っていた部分がいいんだと、
認めてあげられるような気がします。

 

 

40代 女性

お人形を作っていく過程で、色・形等いろいろ変化があり、
楽しかったです。
何気なく作ったお人形ですが、自分の中のメッセージがあり、
またそのメッセージが・・
自分の中のモヤモヤの部分が晴れていくような感じがしました。

ここ数日ずっと思っている事、やりたい事が、
今回のセミナーで実現できる気がしてきました。
素直になって行動にしていきたいと思います。
(浅原先生のセミナーでも同じことをアドバイスされた気がします。)
セミナーを受けられたのも何か意味がある事のような気がします。
ワクワク♡してきました。

 

 

40代 女性

体調がちょっと悪く、いつもほど集中できずに申し訳ないです。
可愛いものが作れてうれしいです。

今回も御感想の掲載のご了承をありがとうございます。

 

 

そうなのですよ・・
人って頭や理屈で理解しても動けない。
もしくはかなりのパワーがいる。

でも目で見たり、身体で体感すると、
ストンと落ちるものです。

 

種の設計図

 

いらして下さる方の素晴らしい体験に敬意を。

自分からのメッセージを受け取り、
さらに加速するここからへ。

 

次回はきっと6月☆
ご関心のある方はメルマガで一番にお知らせします。

メルマガの登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

記事を読む

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

記事を読む

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

記事を読む

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。...

記事を読む

2018年10月 シリーズご感想

シリーズセミナー3回目は、 「聴くこと・語ること」 このテーマ...

記事を読む

新着記事

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

記事を読む

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

記事を読む

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

記事を読む

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

記事を読む

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。...

記事を読む

許すも、許さないも赦し。

怒りと許しは書くと言いつつ、 すっきり書ききれず。 あ・・ ...

大きなSと小さなs

こんなことって予測がつくようなら、 流れに逆らわずにきている方だろう...

2018 小児脳幹部グリオーマシンポジウム

難しい名前ですけど、 知って頂けるといいなと思います。 小児脳...

2018年11月 MYジャンクション

御感想を頂き忘れてしまう、 このとこ参加される方の歩みも着々と。 ...

対話のチャンス

対話の機会が訪れるとしたら、 それは自分にとってのチャンスだと思う。...

→もっと見る

PAGE TOP ↑