*

2017年度 静岡大学後期

Pocket

タイトルを後期と書くか、
静岡大学講義と書くか悩みつつ。

今年も後期が始まりました。
ふぅ、楽しみと私にとっては緊張感も。

 

このブログから読んだ方に向けて、
何故私が静岡大学にご縁があるかと説明すると。

 

竹之内先生とのご縁

 

哲学者であり、
静岡大学教授でもある竹之内先生との出逢いがあったからです。

上の記事が2013年の10月に書いたもの、
早いもので数年が経ちました。
(読み返したら、超敬語で書いてるし)

 

 

この数年に下の本が刊行されたのね。
テキストはこの本を使います。

喪失とともに生きる―対話する死生学を、
読んで下さった方にはお馴染みのですね。

 

 

学際科目という区分で、
学部は隔てなく学生が対象です。

教育・人文・数学・法学、
農学部そして市民受講者の方々もいます。

 

正確にいうと、
講義というより対話型の授業構成です。

テキストを読みこんできた学生がまとめをして、
その後グループディスカッションをしていきます。

 

 

あ、グリーフケアの授業ではありません。

死生学ね、
私はグリーフのことや医療現場のことを担当する役目。

学生たちの視点と、
対話から生まれる気付きが豊かな時間を生みだします。

 

 

実は私も、
ものすごく勉強になります。
学生の切り口って素晴らしい。
純粋、新鮮かつ共鳴します。

 

全部は難しいけど、
ときに内容を私の切り口でシェアしています。

今年もお楽しみに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

揺れる心と世界から。

何が違和感なのかずっと考えていた。 人のお話を聞いていて不思議な...

記事を読む

グリーフに想いを寄せて。

2013年にグリーフカウンセリングivyを初めて以来、 想いは変わっ...

記事を読む

流して、放して、開け放つ。

心にある秘密って外には出しません。 誰にも言えない、分かってもらえな...

記事を読む

過去にあるもの。

過去と聞くと未来と違う扱いをされることがあります。 どうしてだろう?...

記事を読む

多分にもれず、私も。

人間って何かなぁ、 人ってどんなかなぁと毎日考えながら生きますが・・...

記事を読む

新着記事

喧嘩したって大事な人。

大切な人というのがivyのキーワードなのですが、 どうも誤解もあるな...

記事を読む

2019年5月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

グリーフの入門編として開催しているセミナーです。 2019年5月...

記事を読む

それは源泉ゆえ。

グリーフもインナーチャイルドも、 心の傷のような湾曲した訳をされるこ...

記事を読む

2019年6月30日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフの入門編に位置付けている講座です。 定期的と言いながら不定期...

記事を読む

心と精神との見つめ合い。

区別することってないのではないでしょうか? 特に日常ではね。 ...

記事を読む

喧嘩したって大事な人。

大切な人というのがivyのキーワードなのですが、 どうも誤解もあるな...

2019年5月 グリーフケア~はじめの一歩 ご感想

グリーフの入門編として開催しているセミナーです。 2019年5月...

それは源泉ゆえ。

グリーフもインナーチャイルドも、 心の傷のような湾曲した訳をされるこ...

2019年6月30日 グリーフケア~はじめの一歩

グリーフの入門編に位置付けている講座です。 定期的と言いながら不定期...

心と精神との見つめ合い。

区別することってないのではないでしょうか? 特に日常ではね。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑