*

2017年度 静岡大学後期

Pocket

タイトルを後期と書くか、
静岡大学講義と書くか悩みつつ。

今年も後期が始まりました。
ふぅ、楽しみと私にとっては緊張感も。

 

このブログから読んだ方に向けて、
何故私が静岡大学にご縁があるかと説明すると。

 

竹之内先生とのご縁

 

哲学者であり、
静岡大学教授でもある竹之内先生との出逢いがあったからです。

上の記事が2013年の10月に書いたもの、
早いもので数年が経ちました。
(読み返したら、超敬語で書いてるし)

 

 

この数年に下の本が刊行されたのね。
テキストはこの本を使います。

喪失とともに生きる―対話する死生学を、
読んで下さった方にはお馴染みのですね。

 

 

学際科目という区分で、
学部は隔てなく学生が対象です。

教育・人文・数学・法学、
農学部そして市民受講者の方々もいます。

 

正確にいうと、
講義というより対話型の授業構成です。

テキストを読みこんできた学生がまとめをして、
その後グループディスカッションをしていきます。

 

 

あ、グリーフケアの授業ではありません。

死生学ね、
私はグリーフのことや医療現場のことを担当する役目。

学生たちの視点と、
対話から生まれる気付きが豊かな時間を生みだします。

 

 

実は私も、
ものすごく勉強になります。
学生の切り口って素晴らしい。
純粋、新鮮かつ共鳴します。

 

全部は難しいけど、
ときに内容を私の切り口でシェアしています。

今年もお楽しみに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

リフレクション

リフレクションという言葉は、 まだあまり馴染みのないものでしょうか。...

記事を読む

呑み込んでいるのは・・きっと。

難しいという受け取り方について、 2日間記事を書いて・・ &n...

記事を読む

理念ができました。

理念とは・・ 1、ある物事についての、 こうあるべきだという根本の...

記事を読む

今宵のここに。

嫌なことあると、 夜を飛ばしたくなりません?   ...

記事を読む

飾らぬ真心で日常を。

人は皆が素直に表現出来たら、 もっと人間関係がスムーズなのではないだ...

記事を読む

新着記事

2017年12月 Sound Souls 御感想

Sound Soulsに関しては、 いくつか御感想をUPしております...

記事を読む

翼に風を。

目に見えないけど、 人にも翼のようなものがあるのかもしれない。 ...

記事を読む

初めてのお正月

初めてのといっても、 お使い的な意味の初めてではありません。 ...

記事を読む

一年、十年・・

もう1年経ったのに・・ そんな言葉を紡がれる方もいらっしゃいます。 ...

記事を読む

そこに、生きるが・・

難しいと言われる話を書きました。 かと言って、 簡単にもされた...

記事を読む

2017年12月 Sound Souls 御感想

Sound Soulsに関しては、 いくつか御感想をUPしております...

翼に風を。

目に見えないけど、 人にも翼のようなものがあるのかもしれない。 ...

初めてのお正月

初めてのといっても、 お使い的な意味の初めてではありません。 ...

一年、十年・・

もう1年経ったのに・・ そんな言葉を紡がれる方もいらっしゃいます。 ...

そこに、生きるが・・

難しいと言われる話を書きました。 かと言って、 簡単にもされた...

→もっと見る

PAGE TOP ↑