*

2017年度 静岡大学後期

Pocket

タイトルを後期と書くか、
静岡大学講義と書くか悩みつつ。

今年も後期が始まりました。
ふぅ、楽しみと私にとっては緊張感も。

 

このブログから読んだ方に向けて、
何故私が静岡大学にご縁があるかと説明すると。

 

竹之内先生とのご縁

 

哲学者であり、
静岡大学教授でもある竹之内先生との出逢いがあったからです。

上の記事が2013年の10月に書いたもの、
早いもので数年が経ちました。
(読み返したら、超敬語で書いてるし)

 

 

この数年に下の本が刊行されたのね。
テキストはこの本を使います。

喪失とともに生きる―対話する死生学を、
読んで下さった方にはお馴染みのですね。

 

 

学際科目という区分で、
学部は隔てなく学生が対象です。

教育・人文・数学・法学、
農学部そして市民受講者の方々もいます。

 

正確にいうと、
講義というより対話型の授業構成です。

テキストを読みこんできた学生がまとめをして、
その後グループディスカッションをしていきます。

 

 

あ、グリーフケアの授業ではありません。

死生学ね、
私はグリーフのことや医療現場のことを担当する役目。

学生たちの視点と、
対話から生まれる気付きが豊かな時間を生みだします。

 

 

実は私も、
ものすごく勉強になります。
学生の切り口って素晴らしい。
純粋、新鮮かつ共鳴します。

 

全部は難しいけど、
ときに内容を私の切り口でシェアしています。

今年もお楽しみに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

貴方らしく泣いて欲しい。

人は泣く。 泣かない人なんていないもの。   ...

記事を読む

未来に繋がる組織とは。

このところ有難いことに、 企業の研修を依頼されます。 これは一...

記事を読む

案外、悪くない♪

人生の最期に、 “幸せだった・・” そう思いたい人は多いことでしょ...

記事を読む

心地良さと香りと。

いつからだっただろう? カウンセリングやセミナーのお部屋に、 ...

記事を読む

新着記事

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

2018年8月 MYジャンクション

MYジャンクションは毎回豊かな色合いを感じる。 誰もがいのちの時...

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

→もっと見る

PAGE TOP ↑