*

2016年9月30日 MYジャンクション~心の交通整理 ご感想

Pocket

心の交通整理ってお話をしたのです。

しんどいときって、
気持ちや考えの渋滞みたいって思っていて。

 

MYジャンクション~心の交通整理

 

2016年9月30日 MYジャンクション プレ回

 

ジャンクションの意味もお話して・・
なぜこの講座を考えたのかもお話して、
私もこれまでの全部を繋げた気持ちがしました。

 

 

私がいろいろ書くよりも、
是非ご感想をご覧になってください。

参加された方の歩みの一歩が素晴らしいから☆

 

以下、ご感想です。
掲載の御了解をありがとうございます。

 

 

40代 女性
自分が今まで受け入れられなかった事を、
目からウロコを落としてもらいました。
これから少しずつ変わって、
受け入れられるんじゃないかと思って嬉しいです。

浅原さんのするどくもあたたかいリードに
さすがだなと思いました。
ありがとうございます。

みなさんとの発言の時間がとてもよかったです。
気付きの宝庫でした。

 

30代 女性
“勇気を持って”申し込んで、
“勇気は持ち物にいれてないよ”
というお返事を頂けたときから解放されていたのだと思いました。
気付きをありがとうございます。

こうありたいと思う自分と○○が苦しみを生む、
これは私の中の支えになっていきます。

 

30代 女性
とてもあったかい雰囲気で、
気持ちがスルスルと言葉になりました。
(これは私にはめずらしい事!)

長年のつっかえというか、
心の奥の方に封印したものに触れるのは
すごく怖かったですが・・
人前で泣いてしまった自分も、
過去に悲しいと感じた心もあっていいんだ。
ということに気付きました。

こんなに安心して、素直になれたと思います。

 

50代 女性
ずっとこういう機会がほしかったんだなあと、
改めて感じています。

もっと自分に素直になりたい、
もっと家族と心の底から分かりあいたいと思いました。
自分の心を開放することができたら・・
本講座楽しみにしています。

 

 

私も自分の使い方がグリーフケアとは違う感じ。
自分の小さい頃から、看護から、
グリーフまで総放出みたいなエネルギーでした。

参加された方が見せてくださった、
“ほぅ”ってお顔や気付きが新鮮だったなぁ。

 

来てくださった方は誰かへの愛で動いているのですよ。

自分のためってだけじゃない。

 

だから必ずここから動いていくの。

幸せという方向へ、一緒に進みますね。

 

そうそう・・

ちょっとだけですが、動画撮ったのです。

全然上手に出来ないけど、そんなんもいいかなと。

MYジャンクション プレ回 動画

20160930_181954

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

イライラからが醍醐味です。

イライラなくそうとする人がいて、 もったいなーいと思うのですが・・ ...

記事を読む

今日もどうもありがとう。

先日クライアントさんに聞かれた質問です。 その方はご病気があって、ご...

記事を読む

ゆだねる感覚

ゆだねる、委ねる、感じだとあまり使ったことない。 というか、この言葉...

記事を読む

身体の声を聴く。

意識的に、がキーワード。 身体が悲鳴を上げる前、 最近では未病って...

記事を読む

悼みと望みと人間性と。

いつも悼みの奥に望みや願いがありますよ、 とお伝えしています。 ...

記事を読む

新着記事

イライラからが醍醐味です。

イライラなくそうとする人がいて、 もったいなーいと思うのですが・・ ...

記事を読む

今日もどうもありがとう。

先日クライアントさんに聞かれた質問です。 その方はご病気があって、ご...

記事を読む

ゆだねる感覚

ゆだねる、委ねる、感じだとあまり使ったことない。 というか、この言葉...

記事を読む

身体の声を聴く。

意識的に、がキーワード。 身体が悲鳴を上げる前、 最近では未病って...

記事を読む

悼みと望みと人間性と。

いつも悼みの奥に望みや願いがありますよ、 とお伝えしています。 ...

記事を読む

イライラからが醍醐味です。

イライラなくそうとする人がいて、 もったいなーいと思うのですが・・ ...

今日もどうもありがとう。

先日クライアントさんに聞かれた質問です。 その方はご病気があって、ご...

ゆだねる感覚

ゆだねる、委ねる、感じだとあまり使ったことない。 というか、この言葉...

身体の声を聴く。

意識的に、がキーワード。 身体が悲鳴を上げる前、 最近では未病って...

悼みと望みと人間性と。

いつも悼みの奥に望みや願いがありますよ、 とお伝えしています。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑