*

2016年12月3日 グリーフケア~はじめの一歩

Pocket

グリーフケア~はじめの一歩は、
ivyでは入門編の位置づけにあるセミナーです。

グリーフ・喪失とはなにかという基本の内容と、
それに伴う心境についてお伝えしています。

 

対象はどんな人ですか?と聞かれたり、
ご遺族向けですよねと言われたりしますが・・
私は特に受講される方を区切ることはしないでいきたいと考えています。

それは、こんな想いからです。
以前書いたこちらの記事をご覧ください。

 

みんな、遺族だと思うの。

 

グリーフは人にとって当然の反応です。

特殊扱いされてしまうことは、
寄り添うことを遠ざけるように思えて。

 

 

タイトルは少しずれるけど、
グリーフというものの捉え方としてはこんなふうに思うのです。
(下の記事の後半はセミナーとも通じている大事なこと)

 

講演会でお会いしましょう。

 

遺族ケアと呼ばれることもあるグリーフケアですが、
もうその枠からは脱したいように思います。

だって、誰でも大切な人をなくすことはあるでしょう。

 

 

ここからの多死社会には予期悲嘆もとても重要になります。

 

喪の作業と再構成

 

よって、ivyのセミナーはどなたでもどうぞ、
としています。

大切な方をなくした方、医療や介護現場の方、
グリーフに関心のある方と受講される方は様々です。

 

 

2016年はじめの一歩は、
隔月で行ってきましたが2017年は少し少なめにする予定なの。

2016年最後の機会に是非どうぞ。

 

詳細はこちらから

 

お申し込みも詳細の下のフォームからどうぞ。

お話できることをお待ちしておりますね。

20160924_132051

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

記事を読む

新着記事

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

記事を読む

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

記事を読む

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

記事を読む

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

記事を読む

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

記事を読む

不器用の裏側

人は、不器用でいい。 今日、私に届いたフレーズ。  ...

優しさに触れ・・

心の奥にある気持ちとか、 思いがけぬ想いに触れると人は涙が出る。 ...

この言葉を。

言葉を使うようになって、 どのくらい経つだろう。 喃語といわれ...

ステイのスペース

行動を求める人がいっぱいだ。 心について語れるといい。 &...

100歳の遺言~本の紹介

副題がありまして、 ❝いのちから教育を考える❞   ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑